주요 기사 바로가기

7000人が引退移住したフィリピン…韓国人老夫婦また殺害(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.21 13:58
0
19日午前7時(現地時間)、フィリピンの首都マニラから車で1時間20分のところにあるカビテ州シランで韓国人2人が殺害された状態で発見された。隣住民に発見されたナさん(64)と妻のキムさん(60)は、首と胸を銃で撃たれていた。死亡推定時刻は午前0時~2時。リビングにある小型金庫は開いていた。

在フィリピン韓国大使館などによれば、ナさん夫婦は7年前に会社を辞めた後フィリピンに移住した。小ざわしいマニラではなく閑静な郊外地域カビテ州に直接家を建てて暮らしていた。フィリピンに本人所有の建物もあり賃貸料を受けとって生活していたという。事業もしていたというが、どんな種類の事業なのかは確認されなかった。

大使館関係者は「閑静な郊外で引退生活をしていた老夫婦が残酷な事件にあった」として「現地警察が捜査中だが、家を訪ねてきた訪問客に殺害されたと思われる」と話した。現地警察は家の中に設置されていたCCTVなどに基づいて捜査を進めている。

フィリピンにはナさん夫婦のように韓国で引退後、第2の人生のために訪れる人が多い。フィリピンは1987年に引退庁を設立し、引退移民を受け入れている。フィリピン開発銀行に1万~5万ドル程度を予備すえ置き金として入金すれば特別永住引退ビザが出る。ナさん夫婦も引退ビザを持っていた。

在韓フィリピン大使館の把握によれば、これまでに7000人余りの韓国人が引退ビザを受けとった。30日の観光ビザを出してフィリピンに入り、ビザを延長して滞在する者まで含めれば数はもっと増えると予測されると大使館側は伝えた。

フィリピン移民斡旋企業の関係者は「子供の教育のために来る30~40代、引退後に余裕がある生活をしに来る60代以上が主な顧客層」としながら「1カ月250万ウォン程度の生活費があれば、家政婦や運転手などを雇ってゴルフなどの余暇生活を享受しながら暮らせるので、引退移民の問い合わせをする需要も堅固だ」と話した。
7000人が引退移住したフィリピン…韓国人老夫婦また殺害(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP