주요 기사 바로가기

日帝が略奪・破壊した文化財、その受難の記録(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.13 17:22
0
遺物を破壊したり別の所に移した例も多い。朝鮮総督府は1940年代以降、「国民の思想統一に支障がある」という理由で抗日戦跡碑や功勲碑を撤去し、博物館に移したり現地で爆破したりした。荒山大捷碑、海印寺(ヘインサ)四溟大師碑などが消えた理由だ。

今回の出版の動力となった連絡会議のイ・ヤンス幹事は「この資料を今後どのように扱って使うのか、ここに掲載されている内容が何を表しているのか、この資料集を手にした読者が決めること」と述べた。

黄博士の生前にそばでこの資料集が出るのを見守ったチョン・ヨンホ韓国教員大名誉教授は「略奪文化財の返還を強力に求めた黄寿永先生は日帝の残虐さに怒りを抑えられず卒倒したこともあり、血圧の病気で生涯苦しんだ」と振り返った。連絡会議はこの本の日本語版を11月に日本で出版する予定だ。
日帝が略奪・破壊した文化財、その受難の記録(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP