주요 기사 바로가기

<ロッテ経営権紛争>辛東彬-反辛東彬…一家の対決へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.31 09:45
0
韓国・日本のロッテグループの経営権をめぐり触発した辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之、61)-辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫、60)間の「兄弟の乱」が、ロッテ一家の紛争に拡大する様相を見せている。辛東彬ロッテグループ会長に反旗を翻した一部の親戚が辛東主前日本ロッテホールディングス副会長側に加勢しながらだ。これを受け、ロッテグループ2世「兄弟の乱」は28日の日本ロッテ取締役会の決議でグループの実権を握った辛東彬会長対「反辛東彬同盟」間の対決へと新たな局面を迎えている。

ロッテグループの関係者は30日、「27日の集団取締役解任の動きは辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)総括会長(94)の3番目の弟の辛宣浩(シン・ソンホ、、重光宣浩)日本サンサス社長(82)が主導した」と話した。この関係者は「叔父が27日、辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ福祉財団理事長(73)、辛東仁(シン・ドンイン)ロッテジャイアンツ球団オーナー職務代行(69)、辛東主前副会長らを連れて東京に行ったと把握される」とし「年初の辛東主前副会長解任後から長男の復権のために“総監督”の役割をしてきたとみられる」と説明した。

「反辛東彬同盟」に加勢した親戚らは、辛東彬会長が韓国ロッテを掌握する過程で自分が担当する企業の規模が縮小したりグループ内の重要職務から外され、相対的に剥奪感を感じていると把握された。

こうした中、辛東主-辛東彬兄弟は30日にもメディアのインタビューと反論声明などを通じて、辛格浩総括会長の意中、韓日ロッテグループの持ち株会社格ロッテホールディングスの友好株確保などをめぐり激しい攻防を続けた。

辛東主前副会長は日本経済新聞のインタビューで、辛格浩総括会長が「一貫してこの人間(辛東彬)を追放するという強い意志を持っている」と述べた。辛前副会長は友好株が3分の2にのぼるとも明らかにした。ロッテホールディングスの株主総会での勝利を確信する発言だ。また辛前副会長はこの日、KBS(韓国放送公社)の日本語のインタビューで、総括会長のサインが入った辛東彬会長の日本ロッテ代表解任指示書と自身の代表取締役社長任命書の2枚を公開した。

ロッテグループ側は直ちに反論声明を出した。ロッテ側は公開された指示書に関し、「総括会長室を一方的に占拠した状態で、高齢で判断力が落ちるという点を悪用し、自分たちの利害関係に合わせて作ったものだ」と主張した。また「総括会長が辛前副会長を解任したのは、日本ロッテの実績不振によるもの」とし、弟の謀略で解任されたという兄の主張を一蹴した。友好株を確保したという主張に対しても「取締役会ですべての案件を通過させることができたのは辛東彬会長の友好株が優勢であるため」と反論した。

この日午後、辛東主・辛東彬兄弟の実母の重光初子氏(88)が金浦(キンポ)空港を通じて入国した。ロッテ側は「法事に出席するため」と説明したが、今回の経営権紛争に関する家族会議が自然に行われるという見方もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ロッテ経営権紛争>辛東彬-反辛東彬…一家の対決へ

    2015.07.31 09:45
    뉴스 메뉴 보기
    辛宣浩(シン・ソンホ、、重光宣浩)サンサス社長(82)
    TOP