주요 기사 바로가기

<ロッテ経営権紛争>94歳の父を背にした長男「辛東主の反乱」…一日天下で終わる(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.29 09:11
0
28日、東京新宿のロッテホールディングス(HD)本社では情報戦をほうふつさせる状況が展開された。この日午前9時、日本ロッテホールディングスは緊急取締役会を開き、辛格浩(シン・ギョクホ、日本名・重光武雄)ロッテ総括会長(94)を日本ロッテHD代表取締役会長から退任させ、名誉会長に推戴する内容の決定をした。取締役会の直後、ロッテHDは佃孝之副会長の指示で出入り口にグレーのバリケードを張った。警備員3、4人が外部の人の接近を遮断した。

前日にもここではドラマのような場面が見られた。27日午後、辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之)前ロッテHD副会長(61)が父の辛総括会長とともに突然、ロッテHDを訪れた。辛総括会長は「私を除いたロッテHD取締役6人を全員解任する」と宣言した。次男の辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長(60)もここに含まれた。辛前副会長側は事務室を出た後にも辛総括会長が誰とも接触できないようホテルに滞在させた。東京の自宅にいた辛総括会長の日本人夫人がこれを聞いて訪ねてきたが、会えなかったという。

辛東主前日本ロッテHD副会長と辛東彬韓国ロッテグループ会長。2日間の激戦を繰り広げた1歳差の兄弟はあまりにも違う。辛総括会長の最初の夫人・故ノ・スンファ氏との間で生まれた辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテサムドン福祉財団理事長(73)とは違い、同じ日本人の母(重光初子氏)の血を受け継いだにもかかわらずだ。

長男は「誰が見ても息子」というほど父と白い肌とスリムな体型が似ている。一方、体格が大きい次男は外見の代わりに、父親の動物的な事業感覚とパワーをそのまま受け継いだ。

「性格も辛東主前副会長の方が似ている。詩を書くほど文学が好きで、感受性が豊かで…。ゲーテの『若きウェルテルの悩み』の女主人公(シャルロッテ)にちなんで『ロッテ』と社名をつけた会長の姿がそのままだ」。

匿名を求めたロッテ系列会社の役員の話だ。この役員は「しかし辛東彬会長は攻撃的なM&A(企業の合併・買収)を繰り返して韓国ロッテを非常に大きな規模に育てた。『事業家DNA』は次男が受け継いだようだ」と話した。

父は2人の息子に対し、厳しく経営授業をした。ロッテで後継者教育をする代わりに「他人の会社」に勤務させたのだ。実際、辛前副会長は青山学院大学経営学科を卒業し、同大学院で経営工学修士を取得した後、1978年に三菱商事に一般社員として入社した。約10年間、父の力を借りずに生活した後、87年にロッテ商事米国支社長で入社した。日本ロッテ入社22年目の2009年、持ち株会社のロッテHD副会長に就任した。
<ロッテ経営権紛争>94歳の父を背にした長男「辛東主の反乱」…一日天下で終わる(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ロッテ経営権紛争>94歳の父を背にした長男「辛東主の反乱」…一日天下で終わる(1)

    2015.07.29 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    昨年9月、ベトナム・ハノイで開かれた「ロッテセンターハノイ」開館式。左側から辛東彬(シン・ドンビン)ロッテ会長、辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテサムドン福祉財団理事長。右側は辛東主(シン・ドンジュ)前日本ロッテ副会長。(中央フォト)
    TOP