주요 기사 바로가기

韓国貿易業界、今後のFTA推進国に日本を最も選好

ⓒ 中央日報日本語版2015.07.15 16:52
0
韓国貿易業界は今後の自由貿易協定(FTA)推進対象国として日本を最も好んでいることが明らかになった。

15日、韓国貿易協会が貿易企業762社を対象にアンケート調査を実施した結果、今後FTAを推進すべき対象国として日本(35.4%)を最初に挙げた。

ロシア(11.4%)やGCC(湾岸協力会議、8.5%)、MERCOSUR(メルコスール、南米南部共同市場、8%)はその次のFTA対象国に指定した。

アンケート調査の結果、韓国は米国・中国など巨大経済圏とのFTAを終えるにつれ業界は貿易規模や市場規模が大きい日本や、潜在力の大きい新興国とのFTAを希望することが明らかになった。

韓国貿易協会の関係者は「韓国企業の海外市場攻略のためにロシア・GCC・MERCOSURなど市場規模が大きく潜在力が高い新興国とのFTA締結に積極的に取り組まなければならない」と言及し、「さまざまな国とのFTA推進も重要だが、業界のFTA活用を拡大するためには交渉時に実質的な市場開放の確保、手続きの簡素化など業界の要求を十分に反映しなければならない」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP