주요 기사 바로가기

「ASEAN+韓中日」通貨スワップで貿易決済…米ドル牽制

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.04 14:33
0
アジア諸国が貿易決済で域内通貨の使用比率を高めるため、通貨スワップを活用する案を推進する。

3日(現地時間)にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた‘ASEAN+3(韓中日)財務相・中央銀行総裁会議で、加盟国はこのような内容の共同宣言文を発表した。米ドルなど基軸通貨に対する過度な依存度を減らし、対外衝撃に対する脆弱性を緩和する。

通貨スワップは通貨危機などが発生した際、相手国に自国通貨を預け、相手国の通貨を受けて使えるようにする制度で、これを貿易決済資金としても活用できるように拡張したのだ。

現在、韓国と中国は2013年1月から通貨スワップを締結して施行中だ。ここにインドネシアを追加で含め、今後、運営成果を「ASEANプラス3」会議に報告し、拡大案を議論することにした。

これとともに域内の金融安全網であるチェンマイイニシアチブ多者化(CMIM)機能を強化する一方、国際通貨基金(IMF)との協力も充実させることにした。

ひとまずCMIMの予防的緊急流動性支援制度が実質的な効力を発揮できるよう適格要件分析能力を高め、模擬訓練を施行する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP