주요 기사 바로가기

『深夜食堂』に惹かれる理由、慰めが欲しいから=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.26 10:55
0
日本の俳優、小林薫が最近来韓した。小林薫は2009年に日本のTVドラマで『深夜食堂』が放映され始めた時からずっとマスター役として深夜食堂を守ってきた。先週、韓国で封切りした映画『深夜食堂』(松岡錠司監督)でも彼はマスターの座をそのまま守っている。正午から午前7時まで営業する小さなお店で客に食事を作り、彼らが打ち明ける事情を黙黙と聞く役割だ。空腹だけでなく心の飢えまで慰める、こんな食堂が世の中に本当にあるだろうか。

小林は中央日報が発行する映画週刊誌マガジンMとの最近のインタビューで「深夜食堂は大人たちのファンタジー」と話した。「マスターのようにお客さんと適度な距離を維持しながら、すべての人の口に合う食べ物を出して心まで慰めるのは現実的に難しいのではないか」ということだ。それが『深夜食堂』が原作漫画からドラマ、映画まで多くの愛と関心を集めた理由だという。

「『深夜食堂』は人間が体験し得るあらゆる悩みや哀歓の姿を見せます。幸せなだけではない人間の生を正直に反映しています。これが多くの人にとって大きな慰めになるようです」

 
小林はドラマ『深夜食堂』マスター役のオファーを受け、初めはためらったという。TVドラマでは原作漫画の雰囲気を十分に生かすことができないだろうと考えたためだ。「原作は劇的な事件なしにマスターとお客さんが交わす台詞だけで余韻を与えます。時間と予算がギリギリなドラマ製作システム中でこのような設定が十分に具現されにくいと考えたんです」

しかし、『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(2007)で俳優と監督として一緒に仕事をしたことがある松岡錠司監督が演出を引き受けたという知らせを聞いて小林は心を変えた。松岡監督は照明・美術・撮影など各分野の映画スタッフをドラマ製作に大挙参加させた。彼らは何台ものカメラを使って食堂の中のお客さんとマスターを多様な角度で表わし、特殊照明を使って食堂の中のお客さんの影を写実的に表現した。

小林は「日本で映画製作スタッフがドラマを製作するのは非常に異例なこと」としつつ「彼らが作った『深夜食堂』は高い完成度を誇る」と話した。

小林は日本で現在放映中のドラマ『天皇の料理人』(TBS)でも才能ある料理人役で登場する。『深夜食堂』で積み重ねた心の温かい料理人のイメージが彼の作品活動に続けて影響を及ぼしたのだ。小林は自身に多くの機会を与えた『深夜食堂』のマスター役が「私にとっては運命だった」と話し、インタビューを終えて席を立つ記者に一言付け加えた。「きっとあなただけの深夜食堂を見つけますように」と。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP