주요 기사 바로가기

【社説】サムスン副会長の謝罪を病院革新のきっかけに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.24 15:57
0
李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が23日、中東呼吸器症候群(MERS)事態について国民に謝罪した。李副会長は「サムスンソウル病院が国民の皆様に大変な苦痛を与え、ご心配をおかけしたことを頭を下げて謝罪します」とし「MERSにより亡くなられた方と遺族の方、まだ治療中の患者の方、隔離措置でご迷惑をおかけした方に申し訳なく思う」と述べた。李副会長は「患者の方に対しては私どもが最後まで責任を持って治療します」と約束し、「国民の皆様の期待と信頼に応えられず、私自身、惨憺たる心情で責任を痛感しています」と繰り返し頭を下げた。MERS2次拡散の震源地であるサムスンソウル病院を傘下とするサムスン生命公益財団の理事長として責任のある行動と評価できる。

我々は李副会長が出した再発防止策が、混雑した救急室を改善し、不足する陰圧室を補完するレベルにとどまらず、サムスンレベルで病院運営システムの根本的な革新を追求するという事実に注目する。さらに進んで感染疾患のワクチンと治療剤の開発まで約束し、バイオ分野で公共的な任務を自認した点も意味のあることだ。MERSの直撃弾を受けたサムスンが後退せず、むしろ病院の安全と感染病問題に積極的に対応し、医療の公共性を積極的に強化するという意志を見せたからだ。

サムスンソウル病院としては悔しさもあるだろう。かなり以前から他の病院に比べ、救急室と感染の遮断にはるかに多くの投資をしてきた。MERSの最初の患者を発見する決定的な役割もした。14番目の患者も、政府がMERS事態の初期に発生病院の情報を他の医療機関と共有しなかったため、サムスンソウル病院で「スーパー伝播者」になった。しかし、国内最高医療レベルを誇るサムスンソウル病院がMERSを防げなかったという事実には弁解の余地がない。MERS事態が落ち着くと同時に、サムスンソウル病院が大々的な革新に着手しなければいけない理由だ。

サムスンソウル病院は、「収益事業に重点を置き、医療機関としての公共性が期待に達していなかったのではないか省みるべき」という声に耳を傾ける必要がある。また、危機管理システムも積極的にアップグレードし、国内の他の病院の安全システムまで一次元高めるのに率先しなければならないだろう。それがMERS事態を本当に克服することであり、サムスンソウル病院が韓国最高の医療機関に生まれ変わることだと信じる。

我々はサムスンが副会長の謝罪を見守りながら、もう一つのところに目を向けざるを得ない。サムスンソウル病院よりもMERS事態に対して責任が大きい当局だ。最近の世論調査で、国民の58%がMERS拡散に大統領の責任があると回答し、専門家は50%が保健福祉部長官に責任があると答えた。MERS事態が落ち着きしだい、青瓦台(チョンワデ、大統領府)と政府はサムスン以上に誠意のある国民への謝罪を考えるべきだろう。今はMERSウイルスの撲滅が重要だが、長く見ればMERS事態の後がはるかに難しいものになるかもしれない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP