주요 기사 바로가기

米国がテロ支援国リストから7年連続で北朝鮮を除外

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.06.21 11:53
0
米国政府がテロ支援国リストで北朝鮮を7年連続で除外した。北朝鮮は2008年10月に米朝核検証合意後にテロ支援国から解除された。米議会の一部では昨年末のソニー・ピクチャーズハッキング事件で北朝鮮をテロ支援国に再指定すべきとの声が上がったが、国務省は受け入れなかった。

AP通信などは19日、「米国務省がこの日議会に提出した『2014年テロ報告書』のテロ支援国リストから北朝鮮は抜けており、キューバ、イラン、シリア、スーダンの4カ国だけが上がっている」と伝えた。また「キューバの場合、先月国務省がテロ支援国から解除したが、この日提出された報告書は昨年基準で作成されたもののため含まれた」とした。

外信は「国務省が議会の要請にもかかわらず北朝鮮をテロ支援国に再指定しないのは、昨年のソニー・ピクチャーズハッキング事件をまだテロ行為と規定していないため。このハッキング事件には物理的暴力や人命に対する脅威がなかった」と分析した。

報告書は、「北朝鮮は1987年の大韓航空機爆破事件以降いかなるテロ活動も支援していない。2008年10月に北朝鮮がテロ支援国から解除されたのは関連法により6カ月以内にいかなる国際的テロ行為も支援しておらず、今後もこれを守ることを約束したため」と明らかにした。

国務省が昨年5月に武器輸出統制法に基づき北朝鮮を「対テロ非協力国」に再指定したことと関連して報告書は、「北朝鮮は経済協力開発機構(OECD)のマネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)加盟国ではないため、北朝鮮のマネーロンダリングがテロ資金と関連する可能性がある」と指摘した。

韓国に対しては、「強力な対テロ防御力を備えており、国際社会と積極的に協力している。深刻な国内テロ脅威はないが、中東とアフリカで旅行者や宣教師がテロの標的になったりもする」と分析した。(中央SUNDAY第432号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP