주요 기사 바로가기

【社説】WHOの忠告に耳を傾けるべき理由=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.06.14 12:41
0
世界保健機関(WHO)と韓国の専門家で構成された合同評価団が13日、韓国の中東呼吸器症候群(MERS)拡散の要因として、感染病に対する医療スタッフの認識不足とともに医療ショッピング、見舞い、家族の看病など韓国の医療慣行を挙げた。これはこれまで先進化したと自負してきた韓国の医療体系と病院文化を根底から振り返らせる。WHO合同評価団は8日に入国し9日から5日間にわたり韓国の専門家とともに問題点を分析し、この日こうした内容の調査結果を出した。

特に患者がもっと大きな病院を求め複数の病院を渡り歩く“医療ショッピング”の慣行が(MERS拡散の)要因として作用する恐れがあるという指摘は骨身にしみる。韓国は健康保険制度で定めた少ない金額の診療酬価のおかげで医療機関の敷居を大きく低くしたという評価を受けてきた。だが、過度に値段が安く救急室にさえ行けば大病院に入院できるので大病院への偏りという副作用も誘発した。

問題はそうした医療システムが感染拡散に弱いという事実だ。WHOの指摘通り、MERS流行で感染者が救急室をはじめとするさまざまな病院を渡り歩き、より多くの人たちと接触し、病原体であるウイルスや細菌を拡散する要因になったのには韓国の医療システムも一役買った。サムスンソウル病院で感染した患者の場合、混雑する救急室にとどまり続け他の人たちに大々的にウイルスを拡散する機会になったためだ。このように混雑する救急室のために予防統制装置がまともに作動せず、1人の患者がさまざまな人に病原体を感染させるのを防げなかったというWHO合同評価団の指摘を韓国政府と医療界は傾聴しなければならない。いまは後進的な感染病対処能力を育てるためにも医療伝達体系の大々的な整備が避けられない状況だ。

多人数の病室に多くの患者が滞在するのも問題と指摘された。韓国政府と医療界は今後救急室出入口を感染病、外傷、小児など分野別に分け感染拡散を防ぐことから始まり、入院室も安全な1人部屋を中心に改編し酬価体系も大々的に改編する改革に出なければならない。病院でむしろ病気にかかる院内感染予防はいまや韓国医療の安全性を高めるために必ず解決しなければならない課題に浮上した。

「複数の友人や家族が患者と病院に同行したり見舞に行ったりする文化により2次感染がさらに広がりかねない」というWHOの指摘も刻みつけなければならない。MERSが初めて発生したサウジアラビアをはじめとする中東では見舞いや家族看病の慣行がなく、MERSが韓国ほど急速には広がらなかったという。韓国の病院文化で安全を必須的に考慮するほかはなくなった。

特に家族の看病は韓国と台湾にだけ残った独特の医療文化だ。患者と家族を院内感染から保護するためには看病を病院システム枠の中で吸収する社会的な議論が必要だ。これは韓国の医療安全を強化するためにも必要という事実が今回立証されたためだ。もちろん看病にかかる高い費用は患者と家族の立場では負担だ。だが、費用なくして安全を期待することは難しいということが判明した。もう患者と保護者の安全のためにも病院で看病を専従し、消費者はその費用を負担する社会的契約が必要な時点だ。

WHO合同評価団の指摘は韓国に医療システムと医療文化の大々的な改革という新たな課題を抱かせた。医療は優秀な人材と資源、投資を超え人間が作るひとつの文化ということを自覚する契機にもなった。韓国政府と医療界、そして市民1人1人がそれぞれ何をすべきか活発な議論を始めるタイミングだ。(中央SUNDAY第431号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP