주요 기사 바로가기

【時論】MERS危機を育てたのは安全不感症=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.05 10:23
0
3つ目に、韓国社会はまだ安全不感症にかかっている。当局は中東に出かける国民にラクダ農場には行かず、ラクダの乳製品を食べずに、患者接触も避けるべきだと警告するのが原則だ。ところが出入国検疫所が出入国者などに対してこのような広報を正しく行ったのか、外交部は危険地域に対する書面による警告を正しく行ったのか、韓国文化体育観光部は旅行会社に対して注意を促したのか確認すべきだ。患者の初期陳述にサウジアラビア行きが抜けている原因が国民の安全意識不足のためなのか政府の誤りなのかから判断してはじめて今回の事態に対する処方が正しく出される。

4つ目に、色あせた新種感染症症候群としてMERSを扱ったのは正しくない。MERSは発見されてから3年以上経っている。果たして新種なのか。知らない病気ならば新種と言えるだろう。しかし多くの経験がある感染症を新種というのは問題がある。SARS(サーズ)は法律にある。もうこのように威嚇的な4類感染症を1類に昇格して管理すべきだ。隔離にともなう診療費を支援し、一時的に休業や業務制限を強制できる規定も整備しなければならない。毎年2000万人が国境を行き来する時代だ。流入する病気に対する迅速な医療支援チームと海外から流入する感染症に対する疫学調査組織を作って業務を専門化させるべきだろう。

5つ目に、MERSのワクチンと薬剤がなくて診断試薬の普及が制限的だった。普段こういうところに投資をしないのは誰のせいなのか。民間市場が形成されないのは患者が少なくて市場性がないためだった。だからと言って国民の安全のための投資を疎かにすることはできない。感染症は政府が投資し、民間市場を先に開く戦略が必要な分野だ。

最後に、国際共助と国際保健安保に対する否定的な気流の形成を迅速に遮断する必要がある。国際社会が今まで韓国に対する旅行制限が必要でないと結論を下したのは、これまで韓国の感染症対応に対する信頼を土台にしたものだ。患者が韓国を抜け出した状況では資料を迅速、透明に知らせ、疑問の芽を育ててはならない。輸出と観光に対する否定的影響を減らすために各国とウイルス、患者疫学の情報を共有して国際信頼度を上げなければならない。一部の海外メディアの否定的姿勢は政府が迅速に対応し統計と情報で解消しなければならない。エボラ危機が起こった時、韓国は他国のために国際共助をした。韓国のために起こったことに国際共助ができない理由はない。世界保健機構(WHO)を積極的に活用し、国際的危機を克服しなければならない。

イ・ジョングソウル大学病院グローバルセンター長・元疾病管理本部長

◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。
【時論】MERS危機を育てたのは安全不感症=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP