주요 기사 바로가기

「韓国エンジン部品の対日輸出が半減」…中国人観光客、ブランド品買いに日本へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.27 08:04
0
26日現在、ルイ・ヴィトンのネヴァーフルラマージュバック(M41603)は韓国免税店で184万ウォン(約20万円)で販売されている。同じ製品を東京銀座のルイ・ヴィトン店では17%安い152万ウォン(外国人販売価格)で購入できる。円安の影響だ。ウォン-円為替レートは昨年10月以降、100円=1000ウォンを下回っている。先月29日には100円=896ウォンとなり、約7年ぶりに900ウォンを割った。鉄鋼・石油化学・半導体など日本と競争するほとんどの主力産業で「限界だ」という悲鳴が聞こえる。

日本に船舶用エンジン部品を輸出する全羅北道の機械会社は円安を肌で感じている。3年前に1キロあたり2ドルで販売していた部品を年初に1.7ドルまで落とした。日本のライバル会社に価格を合わせるために出した苦肉の策だ。同社のキム部長(53)は「最近取引先に会ったが、1キロあたり1.3ドルに落とさなければ日本企業に取引先を変更する』と言われた」とし「3年前は30億ウォン規模だった日本輸出が14億ウォンに半減した」と話した。

ソウルの金属会社のイ代表(54)は「最近、欧州で日本のライバル会社が安い価格で攻勢をかけている」とし「一度取引先を奪われれば回復は難しいので、売るほど損をする状況でも価格を引き下げた」と語った。農水産業界も打撃を受けた。関税庁によると、日本に輸出した魚類は2012年の7800億ウォンから昨年は5900億ウォンに減った。

企業は限界状況に達している。大韓商工会議所が日本輸出企業と海外で日本と競争する企業300社に質問した結果、55.7%が「円安のため輸出に被害が生じた」と答えた。

企業が耐えられるウォン・円為替レートは平均100円=924ウォンだった。業種別には鉄鋼(963ウォン)が最も高く、石油化学(956ウォン)、機械(953ウォン)、飲食品(943ウォン)、自動車・部品(935ウォン)、造船・資材・機材(922ウォン)、半導体(918ウォン)の順だ。関税庁によると、今月1-20日の輸出額は244億8000万ドル(約26兆9000億ウォン)と、前年比で7.6%減少した。

日本企業は円安効果を享受している。この日午後、シャネル・エルメス・グッチなど名品ブランドとデパートが集まる銀座では、日本語より外国語が多く聞こえた。片手に大型旅行用トランク、別の手にいくつもショッピングバッグを持った40代の中国人観光客は「新しく買ったトランクにシャネルのバッグ2つ、フェラガモの靴3足、日本製のTOTOウォシュレット3つを買って入れようとしたが、入らない」と話した。かに料理店「かに道楽」の店員は「週末はもちろん平日の晩も客の8割が外国人」と語った。
「韓国エンジン部品の対日輸出が半減」…中国人観光客、ブランド品買いに日本횂(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP