주요 기사 바로가기

【時論】姜健総合軍官学校の悲劇を止めるためには(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.20 17:00
0
先月15日に平壌(ピョンヤン)で開かれた「国家級」晩餐会。金日成(キム・イルソン)主席出生103周年を祝う席だったが、雰囲気はよくなかった。権力の中心の崔竜海(チェ・ヨンヘ)労働党書記と黄炳瑞(ファン・ビョンソ)総政治局長も笑顔を見せなかった。「金正恩(キム・ジョンウン)同志を命で擁護保衛しよう」という趣旨の演説のほかには沈黙が流れた。例年とは違う何か不吉な予感がしたというのが、海外出席者の伝言だ。数十年間にわたり北朝鮮の権力の核心にいたベテラン幹部の動物的な感覚は外れなかった。その半月後、残酷な血の粛清があった。

国家情報院が玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長の処刑を公開してから1週間が経過した。ハン・ギボム第1次長が13日、国会情報委に報告した内容によると、先月30日ごろ平壌の姜健総合軍官学校で、対空火器の高射銃(高射砲)で秘密裏に粛清が進行された。金正恩第1書記に対する不満表出と怠工(職務怠慢)などが主な理由という。金正恩が主宰する会議中に居眠りをしたり口ごたえした不敬罪も関係あるという。

国家最高情報機関が大統領と国会に報告を終えた「検証された諜報」という点で、玄永哲粛清は事実として固まっている。盗聴など韓米情報当局の対北朝鮮監視網とヒューミント(Humint=対人情報)を総合した結果という説明だ。一部では玄永哲の姿が北朝鮮のテレビ映像物に依然として出てくるという点を挙げながら疑問を提起している。しかし記録映像から削除したかどうかは処刑判断の絶対基準ではないという観測が支配的だ。玄永哲を削除すれば粛清を内外に知らせることになるうえ、国家情報院の対北朝鮮情報力を平壌当局が率先して確認する格好になるという側面でだ。

執権4年目の金正恩がこのように無慈悲な恐怖政治を選択した背景は推測が可能だ。27歳の年齢で最高指導者となり、60-70代が主軸の労働党と軍部の幹部を掌握する過程で危機感を感じた可能性が高い。金正恩は父の突然の死のため帝王学をマスターできなかった。表では従順でありながらも内心では違う考えをする「面従腹背」を感知したのかもしれない。カリスマやリーダーシップの不足も悩みだったはずだ。2年前に叔母の夫の張成沢を無慈悲に処刑したのもその表れということだ。

金正日(キム・ジョンイル)時代にも粛清はあった。権力を引き継いで4年目、徐寛熙(ソ・グァンヒ)農業担当書記をスパイ罪で公開処刑した。餓死者の続出で民心が沸き立つ中、犠牲の羊にしたのだ。しかし居眠りを理由に階級章を外したり処刑したりすることはなかった。呉振宇(オ・ジンウ)人民武力部長が会議でよくあくびをしたが、元老礼遇レベルで見過ごした。ある冬の日に労働党舎で眠っていた幹部に自分のコートを脱いで掛けたという話は「偉大な領導者」の寛容と配慮を浮き彫りにする革命エピソードとして宣伝される。
【時論】姜健総合軍官学校の悲劇を止めるためには(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP