주요 기사 바로가기

北朝鮮、ジェットコースター式人事断行…重要ポストで異常な兆し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.26 14:58
0
北朝鮮の人民武力部長に玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元軍総参謀長が任命された。朝鮮中央放送は25日、平壌(ピョンヤン)で開かれた決起大会の参列者を紹介しながら玄永哲を「人民武力部長である陸軍大将」と明らかにした。人民武力部長は韓国の国防長官に該当する。玄永哲は金正恩(キム・ジョンウン)執権初年度である2012年7月に李英鎬(リ・ヨンホ)の粛清によって後任の総参謀長に任命されたが、昨年5月に金格植(キム・ギョクシク)に追いやられた。1949年、咸鏡北道漁郎(ハムギョンブクド・オラン)生まれの玄永哲は、総参謀長時期には次帥階級だったが退任後は隊長に降格、さらに上将へと1階級低くなった。今年4月、最高人民会議代議員から脱落するなど困難を経て今回復帰した。

韓国の合同参謀本部議長格である北朝鮮軍総参謀長の座にも異常な兆しが見える。李永吉(リ・ヨンギル)総参謀長は北朝鮮官営メディアが4月27日、金正恩の砲射撃訓練参観の実行人物として紹介して以降、2カ月近く活動がない。北朝鮮は総参謀部の辺仁善(ピョン・インソン)作戦局長を最近になって「総参謀部第1部総参謀長」と呼んでおり、李永吉に取って代わる可能性がある。

これに先立ち金正恩第1書記は今年5月、総政治局長の崔竜海(チェ・ヨンヘ)を解任後、党秘書に左遷した。代わりに労働党で軍人事・組織問題を担当してきた黄炳瑞(ファン・ビョンソ)組織指導部第1副部長を総政治局長に座らせた。北朝鮮軍部の3大核心地位である総政治局長と総参謀長・人民武力部長が交代するなど変化の動きが現れたのだ。統一部当局者は「総政治局長の交代にともなう調整作業と思われる」として「頻繁な人事と階級降格で軍部の忠誠を誘導しようとする動き」と話した。執権3年目の金正恩はこれまで総政治局長を2回、総参謀長は3回、人民武力部長は4回もの交代人事を断行した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP