주요 기사 바로가기

【コラム】韓国経済のゴールデンタイムが過ぎていく(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.17 09:42
0
日は沈むのに行く道は遠い。2014年は暮れて行くのに経済が回復する道は依然として漠然としている。経済を回復させるとして「地図にない道」を進んだ崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済チームは何ひとつまともに成し遂げたこともなく1年を終えることになった。今年の成長目標達成はすでに水泡に帰し、来年の成長見通しも下方修正しなければならない状況だ。どうにか生き返りそうだった不動産市場は瞬間的に回復したが伝貰価格が上がるだけで沈滞に陥った。1度力を失った消費はまったく回復の兆しを見せず、凍りついた投資は厳しい寒波の中でさらに萎縮した。内需不振に加え年末が近づくほどこれまで経済を引っ張ってきた輸出まで萎縮し始めた。内需と輸出の両輪で走っても不十分なところに、それでも回っていた輸出の1輪までぐらつくことになり、近く韓国経済という車は推進力を失い座り込むかのように危険だ。

さらに経済回復のヤマ場ごとに足を引っ張った国会は、それでもやろうとしていた経済回復法案ひとつ処理できないまま政争で年末最後の会期を虚しく過ごしている。大統領側近をめぐる“つまらない文書”と、その文書の情けない流出経緯をめぐり国中が騒いでいる間に経済を回復させようようという大統領の呼び掛けはむなしく回る。経済回復の尖兵を自任する崔ギョン煥副首相は前政権時代の不良資源外交を解明するのに忙しく、それすら文書問題に埋もれてよく見えない。このように韓国経済回復のゴールデンタイムは空しく流れている。

ゴールデンタイムとは何か。事故や事件が起きた時に人命を救助するのに決定的となる序盤の貴重な時間をいう。人命救助にゴールデンタイムがあるならば経済を生かすのにも適期がある。この決定的時間を逃せば人命を救うのは難しく、経済を回復させるのも難しいのだ。呼吸が止まるほどの緊急状況に置かれた患者はひとまず心肺蘇生術で呼吸と心臓拍動を取り戻した後に根本的な原因治療をするのが順序だ。最初の応急処置ができなければ患者を生かす見込みは最初からなく、後で原因治療をしっかりとできなくても患者を回復させるのは難しい。これを経済に例えれば、経済が自力で立ち上がれないほどの危機に陥ったら緊急な浮揚策を使ってでもひとまず景気を回復させ、経済体質の改善や構造調整のような根本的な改革に出るものと説明できる。1997年の通貨危機の時と2008年の金融危機の時がそうだった。
【コラム】韓国経済のゴールデンタイムが過ぎていく(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】韓国経済のゴールデンタイムが過ぎていく(1)

    2014.12.17 09:42
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=カン・イルグ
    TOP