주요 기사 바로가기

出口見つからぬ韓日関係改善すれば米中に挟まれた韓国の活動空間も広がる(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.05.18 10:46
0
韓日関係悪化は経済的な面でも非常に否定的だ。単純に投資と観光客の縮小程度ではなく、地域秩序の次元から韓国の行動半径を制約しているためだ。現在の勢力図を見れば米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)がリードしており、中国が東アジア地域包括的経済連携(RCEP)と韓日中自由貿易協定(FTA)などで反撃する様相だ。韓国はTPPに参加すると同時にRCEPと韓日中FTA交渉を進展させることにより2つのネットワークが今後統合されるよう中堅国の仲介者役を遂行しようとしている。しかし韓日関係の悪化はこうした試みを困難にさせている。日中間の仲介者役を遂行できないよう妨げているためだ。

事実韓国と日本は悪くなることはできない関係だ。安保だけでなく経済的にも多様で深い利益を共有しており、文化的にも親しみがあり緊密に過ごすほかはない。歴史的に見ても過去史のさまざまな問題で時には顔は真っ赤にしたが復原力もやはり強い。現在最悪の関係になっているというがわずか3年間に起きたことであり、今後どうするかにより急速に回復することもできる。

現在韓国政府は日本との関係改善のためにさまざまな努力をしている。頼みたいのは目標が単に関係回復と首脳会談開催レベルにとどまってはならないという点だ。韓日関係はすでに過去史を解決する程度の2国間関係の外交懸案を飛び越え、地域秩序の変動に主要因として定着している。冷徹で複合的なアプローチが必要だ。過去史を解決し未来に進むという一面的思考を超え、未来の中の過去を想像して共生と共栄の新東アジア地域秩序を作り出すという次元から対日政策を模索しなければならない。

ソン・ヨル延世(ヨンセ)大学国際学大学院長(中央SUNDAY第427号)
出口見つからぬ韓日関係改善すれば米中に挟まれた韓国の活動空間も広がる(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP