주요 기사 바로가기

韓国野党元代表、政界復帰求める支持者を避け“家出”

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.05.17 11:54
0
全羅南道康津郡(チョンラナムド・カンジングン)の万徳山(マンドクサン)中腹にある白蓮寺(ペクリョンサ)。寺の裏から続く急な坂道を15分ほど上がると5坪ほどのみすぼらしい家が見えた。昨年7月に政界引退を宣言した孫鶴圭(ソン・ハッキュ)元新政治民主連合常任顧問が10カ月にわたり蟄居している所だ。土で壁を作りその上にスレートぶきの屋根をのせた家で、門の前には孫氏夫妻の履き物がそろえて置かれていた。

15日午後3時、普段通りなら昼の供養を終えて家にいる時間だが、門は堅く閉ざされていた。「先生の日」を迎え、昔の弟子が置いて行った花かごだけが庭に置かれていた。まともな水道設備もなく、かろうじて電気だけ引いて使う水準だった。孫氏がお茶を飲むという縁側からは海が見渡せた。1人の僧侶が近づき、「外でどんなことがあって最近はこんな土壁の家を求める人が多いのか。ここで待っていても会うのは難しいだろう」と話した。支持者や記者が相次いで訪れるためこの日朝に行き先を告げずに家を出たということだ。

孫氏が土作りの家を空けたのは最近新政治連合が置かれた状況と無関係ではない。新政治連合が4月29日の再補選で惨敗してから孫氏に会おうとする政治家と支持者が増えているためだ。この日孫氏に会うため全羅南道木浦(モクポ)から来たというある支持者は、「孫氏に会ったら来年の総選挙に必ず出馬してほしいと話したかった。湖南(ホナム)では新政治連合がこのままではいけないという雰囲気が広まっている」とした。必死に面談を拒否してきた孫氏も相次ぐ支持者の訪問に疲れているという。

党内でも孫氏の復帰説がじわじわと出ている。彼が非盧武鉉(ノ・ムヒョン)系の求心点の役割をすることを期待する気流が強いという話だ。新政治連合安哲秀(アン・チョルス)前代表の秘書室長を務めたムン・ビョンホ議員は、「野党で国民の支持を受ける人たちが最大限力を集めることが重要なため孫氏の政界復帰は歓迎すべきこと」として復帰説をたきつける。だが、竜仁(ヨンイン)大学のチェ・チャンリョル教授は「野党圏に代案になるほどの求心点がなく、親盧と非盧の枠組みの中で野党が自分の立場を見つけられず孫氏の政治的重さを惜しんでいるもの。現時点で孫氏が復帰を受け入れる名分も不足しており、復帰するとしても改めて政治的内傷を負う可能性が大きい」と話した。

孫氏の側も政界に復帰する意向はまったくないと繰り返し明らかにした。土壁の家の近くで孫氏を支援している関係者は、「党が厳しい状況で本人が出るのは礼儀でないと考えている。行き先を告げずに家を出て行ったのもそうした理由のためのようだ」と伝えた。白蓮寺に近い茶山草堂で茶山記念事業会を主宰している尹棟煥(ユン・ドンファン)元康津郡守は、「孫氏は普段から政治的な話を絶対にしない。今後土壁の家から出てきて定着するため近くに自宅用の土地まで用意しているだけに、当分は康津を離れることはないだろう」と話した。(中央SUNDAY第427号)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党元代表、政界復帰求める支持者を避け“家出”

    2015.05.17 11:54
    뉴스 메뉴 보기
    孫鶴圭元顧問が滞在している全羅南道康津の土壁の家。15日は終日だれもいなかった。
    TOP