주요 기사 바로가기

韓国軍「水中キルチェーン」推進…北SLBM発射前に潜水艦打撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.13 08:31
0
韓米両国が北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)脅威に対応し、対潜水艦防御能力を大幅に強化することにした。

崔潤喜(チェ・ユンヒ)合同参謀議長とスカパロッティ韓米連合司令官は12日、SLBMへの対応策について議論した。軍の関係者は「2人の対話は秘密に該当する事案を議論したものであり、詳しい内容を公開できないが、北の潜水艦脅威に共同で対応することにした」と述べた。別の当局者は「北のミサイルと核に対応して韓米が構想している『4D概念』に北の潜水艦脅威を追加する」とし「4D概念による探知能力と防御能力、対潜水艦戦能力を補完していく計画」と強調した。4Dは防御(Defence)、探知(Detect)、かく乱(Disrupt)、破壊(Destroy)を意味する。防御計画を作って探知し、追跡し、破壊する一種の作戦計画だ。

特に北朝鮮のSLBM脅威が可視圏内に入ってくれば、軍当局は北朝鮮の核とミサイルに対応するために構築しているキルチェーンと韓国型ミサイル防衛(KAMD)体系に水中の脅威を含めることにした。国防部の当局者は「キルチェーンとKAMDを北の地上に限定せず、韓半島(朝鮮半島)近隣の海上まで包括するできるよう作戦範囲を拡大する予定」とし「SLBMと対潜水艦戦能力を補強する」と述べた。北朝鮮がミサイルを使用する明確な兆候が表れる場合、先制打撃を通じて無力化し、ミサイルを使用した場合は迎撃するKAMDの概念を水中にまで適用する一種の「水中キルチェーン」を構築するということだ。

国防部の当局者は「韓国と米国は6つの軍事衛星(DSP)や高高度無人偵察機などで北の軍事施設を24時間監視している」とし「潜水艦も移動経路があるだけに、移動が予想される地点の水中で打撃する方法を持っている」と述べた。また「我々の潜水艦が北の潜水艦を追跡して事前に防御する方法もある」と話した。現在、陸地監視に集中している対砲兵探知レーダーを追加で導入して韓半島海域全体を監視し、潜水艦や艦艇のソナーも高出力に入れ替えることを検討するということだ。

しかし軍当局が明らかにした対応計画は、陸地で発射して空中を飛んでくるミサイルに対応した計画を単純に水中作戦に代入する概念という点で、現実的にSLBMを防ぐのは容易ではないという指摘もある。匿名を求めた予備役海軍将軍は「冷戦時代に米国とソ連が最も警戒した武器が核兵器を搭載した潜水艦」とし「計画を立てることはできるだろうが、誰も分からない状況で韓国哨戒艦『天安』が攻撃されたことを考えれば、潜水艦を発見してこれを防御するのは現実的に容易ではない作業」と述べた。

朴槿恵(パク・クネ)大統領はこの日午前、国務会議直後に外交安保関係の閣僚会議を開いた。今年に入って初めてだ。約80分間の会議で朴大統領は「北がSLBMを開発したのは韓半島はもちろん、東アジアの安定を阻害する深刻な挑戦」とし「我々が構築しているキルチェーンとKAMDを補完すれば十分に対応が可能であり、対応策の準備に最善を尽くしてほしい」と強調した。朴大統領は「もし北が挑発する場合、断固報復するべき」とも指示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP