주요 기사 바로가기

中国旅行会社に振り回される「韓流文化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.12 15:38
0
中国団体観光客が楽しむ韓流公演が、旅行会社の横暴のため非常に安い料金で客を迎えている。公演自体の収益性を悪化させるだけでなく、他の公演にも悪影響を及ぼし、対策が必要だという声が高まっている。

アクロバットを前面に出した非言語パフォーマンス「JUMP(ジャンプ)」、飲食関連のパフォーマンス「BIBAP(ビバップ)」、ヒップホップダンス中心の「B-boy KUNG」「SACHOOM(サチュム)恋すればダンス」、絵をを素材にした「ドローイングショー」「ペインターズHERO」など、ソウルで行われている韓流公演の観覧料は1人あたり3万-6万ウォン(約3300-6600円)だ。

しかし中国団体観光客からは1人あたり1万ウォンも受けていない場合が多いことが11日に確認された。映像と打楽器を融合して済州(チェジュ)で公演中の「カブム-ワソプ」、モンゴル人の乗馬妙技の「馬上ショー」などは1人あたり3000-5000ウォンしか受けていない。「カブム」の公式観覧料は3万-5万ウォン、馬上ショーは1万-1万5000ウォンだ。

公演業界の関係者は「済州道の場合、観覧客の90%以上が中国人団体観光客」とし「中国人団体観光客を連れてくる旅行会社の要求に従うしかない」と語った。中国人団体観光客を連れてくる旅行会社の要求を断れば生存自体が難しいからだ。済州の「NANTA(ナンタ)」専用劇場は旅行会社の要求を断った後、中国人団体観光客を受けることができず、今年に入って客席は半分も埋まっていない。もう一つの非言語パフォーマンス「ファンタスティック」は財政難のため廃業した。「NANTA」の公演関係者は「中国旅行会社の要求に従えば客席を100%埋めても赤字」とし「個別旅行客を対象に販促活動をしている」と話した。

このような中国旅行会社の値切り要求は公演業界全体に悪影響を与えている。出演者の給料は上がらず、低賃金に苦しむしかない。公演の品質を改善する作業は考えることもできない。韓流公演の品質が日増しに悪化し、結果的に韓国の公演に対して中国人が悪いイメージを抱くという懸念が提起されている。団体旅行客のため、適正料金を支払って見ようとする国内の観客も減っている。

このような状況になったのは中国の韓国団体旅行商品があまりにも安いためだ。中国で3泊4日の韓国旅行商品は約45万ウォンで販売される。韓流公演一つの観覧料も含まれた料金だ。このパッケージ料金はすべて中国旅行会社が握る。45万ウォンのうち航空料33万ウォン、税金7万ウォンを引いた5万ウォンが中国内の旅行会社の純利益だ。

中国人観光客が韓国で支払う宿泊と食事、公演観覧費、交通費など約20万ウォンは国内旅行会社(ランド旅行会社)がショッピング手数料で負担する。このため旅行会社は品質より、とにかく安い公演ばかり探す。

韓国観光公社によると、昨年訪韓した外国人観光客1420万人のうち17件の韓流常設公演を観覧した人は約190万人(13.4%)。このうち中国人が100万人と、半分以上を占める。

こうした状況から抜け出すには公演業界が共同で努力するしかないという分析だ。韓流公演制作会社代表で構成された韓国公演観光協会がこの問題を議論したが、合意には至っていない。制作会社ごとに立場が違い、品質も異なるからだ。

協会関係者は「安い公演があふれれば、長期的に公演業界の未来が暗鬱になるしかない」とし「これ以上先送りせず公論化して対策を出す必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP