주요 기사 바로가기

ソウルでビジネスホテルが急成長…日本人観光客の急減が影響

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.13 11:04
0
ロッテ・新羅・ウェスティン朝鮮などの一流ホテルがビジネスホテル事業を拡張している。日本人観光客の急減で高級宿泊施設の需要が減ったことを受け、客室料金が手頃なビジネスホテルで突破口を探るためだ。ビジネスホテルはレストランなど附帯施設が少ない代わりに客室料金が10万~20万ウォン台序盤と、一流ホテルの半分程度であることが特徴だ。

ロッテホテルは「ロッテシティホテル」というブランドでビジネスホテル事業を始め、ライバルである新羅ホテルは「新羅ステイ」で追撃を開始した。ウェスティン朝鮮ホテルとミレニアムヒルトンホテルもビジネスホテル事業に参入した。一流ホテルが運営するビジネスホテルを中心に、今年ソウルだけでも約50カ所余りのホテルが新規オープンする見込みだ。

新羅ホテルは今年5月、ソウルミ芹洞(ミグンドン)に新羅ステイ西大門(ソデムン)をオープンする。9月には桃花洞(トファドン)に新羅ステイ麻浦(マポ)をオープンする計画だ。2つのホテルともに客室数は300室前後だ。新羅ホテルは2013年11月、京畿道華城市(キョンギド・ファソンシ)に新羅ステイ東灘(ドンタン)をオープンしてビジネスホテル事業をスタートさせ、昨年10月にはソウル駅三洞(ヨクサムドン)にも新羅ステイをオープンさせた。来年はソウル光化門(クァンファムン)や瑞草洞(ソチョドン)などにも新羅ステイを開いてビジネスホテル数を10カ所に増やす方針だ。

ロッテホテルは今年10月、ソウル長橋洞(チャンギョドン)にロッテシティホテル明洞(ミョンドン)を開く予定だ。ロッテシティホテル明洞は客室数が435室で、ビジネスホテルでは大型ホテルに属する。ロッテホテルは12月にはソウル忠武路(チュンムロ)にライフスタイルホテル明洞(仮称)をオープンする予定だ。ロッテホテルは20~30代の外国人観光客をターゲットにライフスタイルホテル明洞に屋上野外バーなどを設置する計画だ。ロッテホテルは2009年4月ロッテシティホテル麻浦を開いて一流ホテルで初めてビジネスホテル事業に参入し、現在はソウルや大田(テジョン)、済州(チェジュ)などで5カ所のビジネスホテルを運営している。

ウェスティン朝鮮ホテルは今年5月にソウル東子洞(トンジャドン)ソウル駅前に最初のビジネスホテルをオープンする。グローバル・ホテル企業のスターウッドと提携し、ビジネスホテルの名前をフォーポインツ・バイ・シェラトン・ソウル南山(ナムサン)に決定した。フォーポインツはシェラトンやウェスティンなどスターウッドが運営するホテルブランドのうちミドルクラスに該当する。

ミレニアムヒルトンホテルを所有しているCDLホテルコリアは今年中に500室規模のビジネスホテル工事を始める計画だ。世宗(セジョン)ホテルは396室規模のビジネスホテルを今年中に着工する予定だ。

一流ホテルが運営するビジネスホテルを含め、今年中に竣工するとしてソウル市に事業計画を提出したホテルは54カ所で客室数は7888室にのぼる。昨年、ソウルには38カ所のホテル、3946室が新しくできた。

新羅ホテルが来年オープンを目指している光化門の新羅ステイは、長橋洞に10月オープンするロッテシティホテル明洞とライバルになる展望だ。ロッテホテル関係者は「外国人観光客が増えて一流ホテルの他に中低価格の宿泊需要が増加している」とし「宿泊費を節約する傾向のある中国人観光客が急増し、ビジネスホテル市場が急成長している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP