주요 기사 바로가기

海の守護神になった柳寛順…女性の名前の潜水艦は初めて

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.08 08:30
0
韓国海軍が最新鋭214級(1800トン)潜水艦「柳寛順(ユ・グァンスン)」を7日、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)の大宇造船海洋で進水した。進水とは造船所で艦艇の建造を終えて初めて水に浮かせる作業だ。

「柳寛順」は孫元一(ソン・ウォンイル)、鄭地(チョン・ジ)、安重根(アン・ジュングン)、金佐鎮(キム・ジャジン)、尹奉吉(ユン・ボンギル)に続き6番目の214級潜水艦で、女性の名前が付けられた初めての潜水艦だ。北朝鮮全域を打撃できる射程距離1000キロの国産潜対地巡航ミサイル「海星(ヘソン)3」を搭載している。2016年末に戦力化する予定だ。

同日の進水式には韓民求(ハン・ミング)国防部長官やチョン・ホソプ海軍参謀総長ら軍の幹部と柳寛順烈士の親戚にあたるキム・ジョンエさん、女性独立活動家オ・ヒオクさんらが参加した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    海の守護神になった柳寛順…女性の名前の潜水艦は初めて

    2015.05.08 08:30
    뉴스 메뉴 보기
    7日、慶尚南道巨済の大宇造船海洋で最新鋭214級潜水艦「柳寛順」の進水式が行われた。同日、韓民求・国防部長官(前列中央)やチョン・ホソプ海軍参謀総長(前列左から3人目)らの軍幹部も出席した。
    TOP