주요 기사 바로가기

世界の歴史学者187人が集団声明「安倍首相、慰安婦の過去の歴史を歪曲するな」

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.06 14:30
0
世界的に著名な歴史学者187人が6日、日本の安倍晋三首相に対し、慰安婦問題と関連した歴史的事実を歪曲しないよう促した。

ハーバード大学のエズラ・ヴォーゲル教授やシカゴ大学のブルース・カミングス教授ら米国や欧州、豪州で活動中の日本学専攻の歴史学者187人は、韓国聯合ニュースを通じて「日本歴史家たちを支持する公開書簡」という題名の声明を発表し、安倍首相に内容を伝えた。

彼らは声明で「戦後日本で民主主義と自衛隊に対する文民統制などが行われたが、歴史解釈問題は日本の成果を評価する上で障害になっている」と明らかにした。

特に慰安婦問題に関しては「当時の記録が破棄された可能性があるが、歴史学者は日本軍が女性たちの移送や慰安所の管理に関与したことを証明する数多くの資料を発掘してきた」と強調した。

また「一部の歴史家が帝国主義の日本軍がどれほど関与したのかなどについて別主張を出しているが、数多くの女性が自身の意思に反して捕えられ、野蛮的行為の犠牲になったという証拠は明らかだ」と指摘した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP