주요 기사 바로가기

仁川国際空港、国際旅客増加率1位記録…急増の要因は?

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.03 08:56
0
仁川(インチョン)国際空港が国際線大型空港のうちで昨年最も高い旅客成長率を記録していたことが分かった。

2日、仁川空港公社が2014年における世界空港の航空輸送実績に関する資料を分析した結果、仁川空港の国際旅客は2013年比10.1%成長し、国際線基準である年間4000万人以上の大型空港のうちで最も高い成長率を記録した。この実績資料は国際空港評議会(ACI)が暫定集計して発表したもの。

仁川空港は開港翌年の2002年は国際線旅客が2055万人に過ぎなかったが、年平均6.7%の成長で2013年には4079万人を突破した。昨年は10%を越える成長を記録し、4500万人に迫る実績を記録した。

仁川空港は国際線と国内線旅客を合わせた総旅客数成長率でも9.6%という高い数値を示し、トルコ・イスタンブールのアタテュルク空港(10.6%)に続き世界2位に占めた。

仁川空港公社の関係者は「最近の国際線旅客の急増は空港ハブ化の核心要因である路線数と運航頻度の増加に伴う航空ネットワーク総量の成長に起因するところが大きい」とし「また、中国人旅行客の急増、原油安、格安航空会社の急成長など、旅客成長に友好的な環境が一層整い、注目するほどの成果を上げたと見られる」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP