주요 기사 바로가기

「仁川空港を追い越せ」…羽田空港の国際線規制なくす(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.02 08:55
0
仁川(インチョン)空港に奪われた“アジアのハブ空港”の座を取り戻すため、日本が立ち上がった。

勝負の手は「羽田空港の国際線機能強化」だ。羽田空港は先月30日から国際線の年間運航回数限度をこれまでの6万回から9万回に50%増やした。延べ面積が1.5倍拡張されたのをはじめ、チェックインカウンターが96カ所から144カ所に、搭乗ゲートと駐機場も10カ所から18カ所に増やした。

これまで日本は「国内線=羽田、国際線=成田」の二元化政策を固守してきた。この公式を破ったのは、成田が東京都心から90分以上かかることに加え、国内線との連係も立ち後れているという判断からだ。外国人観光客から「不便だ」という不満が絶えなかった。地方に住む日本人まで仁川(インチョン)に行き乗り換える事例が続出した。現在仁川空港を利用するトランジット客は771万人。このうち20%ほどが日本人だ。

成田はまた、騒音問題で深夜時間の離着陸が禁止されている。このため成田の年間離着陸回数限度は27万回だが実際の離着陸は21万回にすぎない。結局2011年に仁川空港に北東アジアのトランジット客1位を奪われた。国際線利用客数も香港、シンガポール、仁川、バンコクなどアジアの主要空港で最下位に転落した。

状況打破のために日本政府は規制を大幅に解除した。半径2000キロメートルとなっていた羽田の国際線制限距離をなくし長距離路線の就航を可能にした。一部では「羽田の規制を解除すれば成田が滅びる」と反発したが、「むしろ二艘引きにより効果を最大化することができる」という主張が勝利した。これに伴い、羽田の海外就航都市は17都市から23都市に拡大した。ロンドン、パリ、バンクーバー、フランクフルトなど長距離路線が大挙投入された。日本航空の植木義晴社長は、「羽田空港が国内線・国際線ハブとしての新たな跳躍を成し遂げるもの」とし強い意欲を示した。


「仁川空港を追い越せ」…羽田空港の国際線規制なくす(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP