주요 기사 바로가기

韓国「AIIB持分率高めるため交渉中…国益最優先を反映」

ⓒ 中央日報日本語版2015.03.27 11:25
0
韓国企画財政部は27日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)への加入決定に関連して「持分率構成において国益が反映されるよう最大限努力する」と明らかにした。

企画財政部のチェ・ヒナム国際経済管理官(次官補)は同日、釜山(プサン)BEXCOでブリーフィングを開き、AIIB加入決定についての背景を説明しながら「今後、AIIB設立過程に積極的に参加し、声を出していきたい」と述べた。

チェ管理官は「3月末の期限前のAIIB参加を決めるに伴い、協定文を話し合う過程で国益を反映できる長所がある」とし「創立メンバーなので持分プレミアムを得ることもできる」と伝えた。

ただし、チェ管理官は「経済力の他にもさまざまな要素が追加で反映される予定で、国内総生産(GDP)が領域内3位だからといって3番目に高い持分率があるというわけではない」ともし「持分順位は今後の交渉を通じて最終的に決まる」と明らかにした。

これと関連し、企画財政部のソン・インチャン国際金融政策局長は同日、政府世宗(セジョン)庁舎でブリーフィングを開き、「持分率を決める際、GDPを最も重要な基準とするものの他の変数も考慮して決めるよう要求している」とし「どの変数をどのように考慮するかは交渉で決める」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP