주요 기사 바로가기

「船舶の維持・補修市場、韓国造船業界は注力せず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.26 09:24
0
「韓国造船会社の建造技術は世界最高だ。しかし建造だけに集中し、維持・補修市場のアフターマーケット(after market)は軽視している」。実績不振に陥った韓国造船会社が聞けば後悔するような言葉を、最近訪韓したロイドレジスターのグローバル最高経営責任者(CEO)、リチャード・サドラー氏が述べた。

1760年に英国で設立されたロイドレジスターは、船舶・海運・エネルギー・品質保証・鉄道など産業全般にわたり危険管理サービスを提供する会社だ。昨年の売上高は10億3000万ポンド(約1800億円)で、韓国をはじめとする78カ国に進出している。韓国政府も原子力の安全などに関しロイドレジスターに諮問している。

サドラー氏が韓国造船会社について述べたのには理由がある。ロイドレジスターが船舶の安全を評価する船級会社として事業を始めただけに、造船会社に対する理解が深い。サドラー氏は「普通、船の寿命は20-25年だが、韓国造船会社は平均3年ほどの保証期間の修理にのみ注力している」と述べた。

サドラー氏は「いくら不景気でも船舶の維持・補修のための最小限の投資はしなければいけないだけに、この市場により大きな関心を向けるべき」とし「アフターマーケットをきちんと育てれば韓国造船会社は今後30年間は心配ないだろう」と強調した。

サドラー氏はアフター市場の活性化に関する具体的な方法論も提示した。代表的なのがビッグデータを活用した部品管理システムの構築だ。特定部品が寿命を終える頃にこれを自動で調達する必要があるということだ。船舶の部品ごとに摩耗度をはじめとする寿命が異なるため、部品に関するビッグデータを体系的に構築して管理すれば、自然に追加収入も期待できるという説明が続いた。サドラー氏は「韓国造船所が船舶デザインから維持および補修まで全過程で生じるすべてのことをデータ化して管理すれば、船舶受注競争力自体を高めることもできるだろう」と述べた。

サドラー氏は造船業界のベンチマーキング対象に自動車業界を挙げた。自動車企業は消耗性部品ごとに衛星利用測位システム(GPS)タグなどを付けておき、部品別寿命に合わせて先制的に消費者に提供している。

実際、韓国造船会社もアフターマーケットのために努力してはいるが、まだ胎動期にすぎないというのが業界の評価だ。現代重工業はKTと提携し、船舶遠隔維持補修システム「スマートシップ」の開発に着手した。

サドラー氏は「ビッグデータは船舶の安全にも必須要素になるだろう」とも述べた。船の運航速度や船の重量、周辺の天気など船舶外部変数に関する十分な情報が蓄積され、これをうまく分析できれば、事故を予防できるということだ。サドラー氏は「こうした点で昨年の韓国のセウォル号事故は十分に防げる人災」と述べた。

ビッグデータの重要性が高まり、ロイドレジスターも今後5年間、関連分野の研究に1500万ドを追加で投資することにした。サドラー氏は「ビッグデータを通じて構築した各種情報は産業および技術的な空間だけでなく、組織体系および社会全体分野で適用されると考える」とし「韓国造船会社も暗黙知の形で伝えられているビッグデータをもう少し体系的で利用可能な形に改善していかなければいけない」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP