주요 기사 바로가기

「THAAD論争、一気に波紋広がる…選択肢を幅広く持つべき」=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.19 14:33
0
◆中国の反対、誤解か牽制か

--昨年7月に習近平国家主席が反対した後、中国の懸念がさらに強まっている。

パク院長=中国は自国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を米国が迎撃するために韓国にTHAADを配備するとみている。米中間の戦略的競争と認識しているため、在韓米軍のTHAAD配備に反対している。習主席が何か間違って報告を受け、話を取り出すため、下がやむを得ずその方向へ向かうようだ。しかし誤った考えだ。中国でICBMを発射すれば2500キロの高度で飛ぶ。THAAD最大射程距離が150キロであるため、韓国では迎撃が難しい。また、米国に飛んで行く最短距離はロシアとアラスカを経由するコースであり、在韓米軍のTHAAD配備はこれとは関係がない。

キム編集長=2010年の韓国哨戒艦「天安」事件以降、西海(ソヘ、黄海)に航空母艦「ジョージ・ワシントン」が入った時、米中が激しく対立した。その後5年ぶりの戦略的衝突だ。米国は公海上の西海で訓練できるという立場だったが、中国は西海に公海はないとし、ストレスを受けた。その時と似ている。

--THAAD砲台に含まれるレーダーが中国を監視するためでは。

パク院長=事実を知らないためにそのようなことを言う。THAADに使うレーダーは通常1000キロを探知する。レーダーは直線で電波を放つ。地球は丸いため、中国がミサイルを撃っても、しばらく時間が経った後、空中に上がってきてこそレーダーにとらえられる。人工衛星で発射事実を確認すれば、後ほどより精密に探知するのがTHAADに使うレーダーだ。また、一般レーダーのように方向を簡単に変えられるわけではない。北に集中していて中国の方を見るにはプログラミングをやり直さなければならず、方向を変えても前方や後方にかかるものがないように整備するのに時間がかなりかかる。実際に使用するのを見ると、中国が理解するだろう。

キム編集長=単にレーダー問題だけではない。THAADは数人が動くのではなく、多くの兵力と装備が一緒に動く。また、レーダーと戦闘情報システムを運営するには米国本土でも集中しなければいけない。THAADを導入すれば米国の情報集中度がはるかに高まるという意味もある。一種の牽制ということだ。

--THAADは外交イシューということか。

金教授=複合的にみるべきだ。国内でもTHAADを在韓米軍が配備するのか、韓国も購買に参加するのかが混同し、イシュー化されている。THAADは国防部所管の軍事問題だが、外交問題に飛び火する可能性が十分にあり、すでにある程度は外交問題になっている。

パク院長=習主席がTHAADの水準や役割についてきちんと報告を受けていないか、それとも中国が軍事問題である在韓米軍のTHAAD配備波紋を利用して韓米同盟関係を試している可能性もある。自分たちが強く主張すれば韓米同盟のつながりが弱まる可能性があると判断したのかもしれない。

キム編集長=THAADは戦略資産だ。戦略資産の配備問題は地政学的であることを考慮する。それで米国防総省ではなくホワイトハウスが決めなければいけない。在韓米軍の保護問題もあるが、戦略資産であるTHAADを韓半島に配備するというのは、米中関係の再調整の一環とみているということだ。中国はTHAAD問題を軍事戦略レベルを越えて考えているようだ。地政学的な論争に引き込んでいる。

--中国の反対は当然だということか。

金教授=そうだとしても、中国はあまりにも出すぎたという感じだ。今回訪韓した劉建超外務次官補が我々に強いトーンで話すと、韓国国防部が主権事項だとし、外圧を加えるなと主張している。むしろ韓米同盟は強化され、THAAD配備に対して米国の立場を強める結果になるだろう。

キム編集長=このように論争が広がったが、果たして韓国政府は選択できるのか。もしかすると次の政権で決めるのが容易ではないだろう。中国はそれを狙うのではないだろうか。


「THAAD論争、一気に波紋広がる…選択肢を幅広く持つべき」=韓国(3)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「THAAD論争、一気に波紋広がる…選択肢を幅広く持つべき」=韓国(2)

    2015.03.19 14:33
    뉴스 메뉴 보기
    THAADミサイルの試験発射場面。(写真=中央フォト)
    TOP