주요 기사 바로가기

友人の米中外務次官補、韓国メディアの前で「舌戦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.18 11:11
0
友情で会った友人が愛の争いをする三角関係ドラマがこういうものだろか。16、17日に一日違いで韓国を訪れた中国と米国の外務次官補を見ながら感じたことだ。舞台はソウル都染洞(ドリョムドン)外交部庁舎2階のロビーだった。外交官らが韓国外交部当局者に会った後、記者らと簡単な問答するところだ。

先にロビーを踏んだのは中国の劉建超外務次官補だった。16日午前、李京秀(イ・ギョンス)次官補に会って庁舎に入った劉次官補は「後ほど会おう」と言ってエレベーターに乗った。中国の人は決められた質疑応答を除いて韓国メディアの質問に答えないのが慣例であるため、そうだと考えられた。しかし2時間ほどの協議を終えて降りてきた劉次官補は違った。ロビーで待っていた記者らに対し、「THAAD体系に対する中国の関心と憂慮を重視してほしい」などと直接的な発言をした。「韓国がアジア投資開発銀行(AIIB)に参加することを望む」とも語った。メディアを相手に覚悟してメッセージを出すようだった。

劉次官補は8年間、「中国の口」の役割をしてきた最長寿の外務省報道官だ。37歳だった2001年に最年少で外交部報道官になった。劉次官補は国会で羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)外交統一委員長に会い、「中国では美人への関心が多い」と冗談を言いながらも、すぐに改まってTHAADに対する憂慮を表明した。あたかもTHAAD配備に反対するために韓国に来た広報大使のように活動した。

劉次官補の動きを伝える中国メディアがむしろ静かだった。環球時報や人民網は、THAAD問題のため韓国が米中の間で悩んでいるという韓国メディアの報道を引用して伝えた。中国外務省も「活動報道資料」を出さなかった。韓国では攻撃的に、本国では騒がないという「強弱調節」だった。

17日午前にラッセル米国務次官補が外交部を訪問し、米中の「場外戦」が見られた。ラッセル次官補も趙太庸(チョ・テヨン)第1次官、李京秀次官補に会ったが、THAADの話は取り出さなかった。

しかし2階ロビーでカメラの前に立つと、北朝鮮の弾道ミサイル開発の脅威と、韓米の選択について説明した。冒頭の発言から問答まで15分近く続いた。

所々に劉次官補を意識した発言が登場した。「私の友人の劉建超もここにいる」と表現した。しかし続く内容は「第3国(中国)がまだ配備もされていない安保体系に対する可能性を想定するとはおかしなことだ」 「劉建超が昨日述べた言葉のために大衆の関心が大きいが、私はTHAADの話をしに来たのではない」などだった。

オバマ政権のアジア重視政策に軸とする国務省韓半島(朝鮮半島)ラインの核心らしい”老練なパンチ”だった。

在韓米国大使館がラッセル国務次官補を後押しした。ツイッターにほとんどリアルタイムで写真を載せ、関連の便りを伝えた。襲撃事件後まだ業務に復帰できないリッパート大使までが外交部庁舎に現れた。当初は出席名簿になかったが、本人が出席を決めたという。

外交部の当局者は「韓米関係も、韓中関係も非常に良いという点を改めて確認した」と口をそろえた。しかし2人の動きは違う話をしている。三角関係の主人公として双方からの求愛に酔っている韓国に、米中がこれ以上は耐えられないという警告を送ったからだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP