주요 기사 바로가기

スウェーデンも基準金利マイナスに…悩み深まる韓銀(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.13 09:35
0
「韓国内の景気不振と急速に鈍化する消費者物価の上昇率を考慮すれば韓国銀行が金利引き下げをただ先送りしてばかりいることはできない。」

最近の金融市場はこのように韓銀が基準金利を下げるという分析があふれている。欧州中央銀行(ECB)の予想を越える規模の量的緩和の発表に続き世界各国の中央銀行が競うように基準金利を下げているためだ。金利引き下げを通じて自国の通貨を緩和して通貨価値を低くしていることから「通貨戦争」または「為替レート戦争」に火がついたという解釈も出ている。だが、韓銀は急増している家計負債を憂慮して下手に「参戦」を決定することもできない立場であるため悩みはより一層深まっている。韓銀は3カ月続けて基準金利を凍結している。

スウェーデン中央銀行であるリクスバンクが12日、基準金利を既存の0%から-0.1%に下げた。また、紙幣を新たに刷って満期1~5年間、国債を毎月100億クローナ(約1兆3200億ウォン、約1424億2800万円)の国債を買い入れることにした。マイナス金利に量的緩和(QE)が伴うのは史上初のことだ。デフレーションに対処するためだ。

スイスは今年初めに欧州の量的緩和に先立ちユーロ貨幣に対する為替レート下限制(ペッグ制)を廃止し、預金金利を引き下げた。通貨価値の急騰で切羽詰っていたデンマークは先月19日から今月5日までの3週間で4回も基準金利を下げた。-0.05%だったデンマークの基準金利は-0.75%に落ちた。デンマークの為替レート制度もペッグ制だ。

欧州中央銀行の量的緩和に続き世界各国が競争的に量的緩和に乗り出している。市中の金融を緩和し沈滞に陥った景気を浮揚できる上に、通貨価値が落ちれば輸出が増えると期待するためだ。インド、ペルー、エジプト、トルコ、カナダ、ロシアが金利を下げ、今月に入ってオーストラリア、ルーマニアが基準金利引き下げの隊列に合流した。中国は2012年以降で初めて支払準備率を引き下げて金融緩和競争に飛び込んだ。
スウェーデンも基準金利マイナスに…悩み深まる韓銀(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP