주요 기사 바로가기

「サムスンのギャラクシーS6、3面に画面」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.13 08:18
0
来月ベールを脱ぐギャラクシーS6には、両側面にもディスプレーが搭載されるデュアルエッジが適用される見込みだ。

12日のブルームバーグと主要情報技術(IT)専門メディアによると、サムスンギャラクシーS6は平面ディスプレーを搭載した「フラット型」モデルと曲面(カーブド)ディスプレイが適用された「デュアルエッジ型」モデルが発売される。

サムスン電子は昨年初めてスマートフォンの片方の側面にディスプレーを装着した「ノートエッジ」を出した。今回は両側面にディスプレーを搭載している。よく使うアプリ機能とメッセージ・ニュースなどが側面ディスプレーに表示される。両側のディスプレーにそれぞれ異なる機能を登録し、実行できる。

海外IT特許専門サイト「Patently Mobile」によると、サムスンディスプレーは先月27日、米国特許庁に「デュアルエッジスマートフォン」のデザイン特許登録をした。

ギャラクシーS6の画面の大きさは前作と同じ5.1インチを維持し、2560×1440の超高画質解像度ディスプレー、アプリケーションプロセッサ(AP)Exynos7420、2000万画素背面カメラなどを搭載する。

デザインも従来のギャラクシーSスタイルから大きく変わる。本体の素材はプラスチックではなくメタル素材を選択した。またデザインを生かすためにバッテリーと本体を一体型に設計した。バッテリーを交換できないという一体型の弱点を補完するため、ギャラクシーS6が無線充電機能を採択するという見方が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「サムスンのギャラクシーS6、3面に画面」

    2015.02.13 08:18
    뉴스 메뉴 보기
    来月ベールを脱ぐギャラクシーS6に、両側面にもディスプレーが搭載されるデュアルエッジが適用される見込みだ。
    TOP