주요 기사 바로가기

イスラム国、日本人人質1人を斬首…安倍首相「許しがたい暴挙」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.26 07:53
0
スンニー派原理主義武装団体「イスラム国」が2人の日本人人質のうち湯川遥菜さん(42)を殺害したという映像メッセージが24日夜、公開された。3分間の映像の中で、もう一人の人質の後藤健二さん(47)は斬首された湯川さんの写真を持っていた。

後藤さんは音声メッセージで、「安倍首相が(72時間以内に身代金を支払わず)湯川さんを殺害した」とし「彼ら(イスラム国)はもうお金は望んでおらず、捕まった同胞サジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を求めている」と伝えた。続いて「もうテロリストに資金提供するという心配をする必要はない。サジダ死刑囚を彼らに渡せば、私は解放される」と話した。最後に「これを私の最後の言葉にしないでほしい」とし「安倍首相が私を殺さないようにしてほしい」と訴えた。

安倍首相は25日午前、NHKに出演し、「写真の信ぴょう性は高いと言わざるを得ない」と「言語道断の許し難い暴挙」とイスラム国を強く非難した。

まさかと思われた最悪の事態になると、日本社会は大騒ぎとなった。放送は緊急速報体制に転換し、日本政府も25日未明、緊急閣議を開いて対応策を議論した。殺害されたと伝えられた湯川さんの父は「これが嘘であればいい」とし、後藤さんの母は「耐えられない。もし私が代わりになるなら喜んで人質になる」と述べた。

日本政府はイスラム国が当初72時間以内に身代金2億ドル(約2164億ウォン)を出すよう要求し、今回、湯川さんを殺害した後、もう一人の後藤さんの解放条件として「サジダ死刑囚の釈放」を提示したことに注目している。サジダ死刑囚(45)は2005年11月、ヨルダンの首都アンマンで自爆テロをし、約60人の命を奪ったイラク出身の女性テロリスト。当時、サジダ死刑囚の夫など3人が自爆したが、サジダ死刑囚の体に巻いた爆弾は爆発せず現場で逮捕された。2006年にヨルダン裁判所で絞首刑判決を受け、現在収監中だ。「イスラム国女性ジハーディスト(イスラム聖戦主義者)の象徴」だ。サジダ死刑囚の兄が「アルカイダ」を率いたアブ・ムサブ・アル・ザルカウィの最側近だった。

イスラム国の人質解放条件が変わったことに関し、日本国内では「当初からイスラム国の目的は(サジダ死刑囚の釈放であり)お金ではなかったのでは」(板橋功公共政策調査会第1研究室長)という分析が台頭している。「日本政府が受け入れられない条件を掲げた後、1人を先に殺害し、相対的に容易とみられる新しい条件を掲げるものの期間を決めないのは、日本と西側国家間の混乱を図ろうという高度な戦術」という指摘もある。

日本政府はヨルダンとの友好的な関係を活用し、後藤さんの救出に最善を尽くす方針だ。テレビ朝日は「ヨルダン内では昨年12月、イスラム国によって攻撃されて拘束されたヨルダン戦闘機のパイロットとサジダ死刑囚を交換しようという動きがあったが、ヨルダン政府がこれを拒否した」とし「ヨルダンの国民感情を勘案すると、ヨルダン人のパイロットをおいて日本人のためにサジダ死刑囚を釈放するのは事実上不可能な条件」と分析した。これに関し、ヨルダン政府報道官はNHKに「日本政府と協力する」と述べ、具体的な言及は避けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP