주요 기사 바로가기

芸人専門の芸能事務所、代表の横領と逃亡で廃業へ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.25 09:22
0
昨年12月に共同代表だったキム・ウジョン氏による横領事件が起きたコメディアン専門の芸能事務所ココエンターテインメントが結局廃業手続きを進めることになった。ココエンターテインメントの共同代表だったコメディアンのキム・ジュンホ氏(40)が演技者の未払い分の出演料を自費で支払ったことがわかった。

ココエンターテインメントは24日に報道資料を通じ、「再建のために努力したが代表理事のキム・ウジョン氏の海外逃走後にココエンターテインメントの追加偶発債務が表面化し、総偶発債務金額は2015年1月現在で数十億ウォンに達している。代表理事職を代行している登記理事はココエンターテインメントの再建はこれ以上不可能と判断し廃業を決めることになった」と明らかにした。続けて、「キム・ジュンホ代表は後輩コメディアンの経済的困難を減らすため演技者の未払い出演料問題を解決することを決めた。これを受け一部コメディアンの出演料はキム・ジュンホ代表の自費で支払いを完了した状態だ。また、ココエンターテインメントは従業員の未払い賃金と退職金問題が早期に解決されるよう最大限努力するだろう」と付け加えた。

ココエンターテインメントは昨年12月に事務所の共同代表であるキム・ウジョン氏が会社の資金数億ウォンを持ち出して行方をくらましており、所属コメディアンの出演料が支払えなくなった。今年に入り所属コメディアンの大部分が契約を解除した状態だ。公金を横領したキム氏は昨年米国に出国して以来行方がわかっておらず、6日に指名手配された。

一方、ココエンターテインメントは昨年共同代表のキム・ウジョン氏が所属コメディアンの専属契約金と出演料の支払いを一時先送りしたことから社内の資金に問題があると判断し、その後に横領容疑を認知することになった。キム・ウジョン氏は所属コメディアンの出演料と従業員の給与として使われる会社の資金まで追加で横領した後米国に逃走、潜伏している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    芸人専門の芸能事務所、代表の横領と逃亡で廃業へ=韓国

    2015.01.25 09:22
    뉴스 메뉴 보기
    共同代表の横領で廃業に追い込まれたココエンターテインメントのキム・ジュンホ氏
    TOP