주요 기사 바로가기

「性的羞恥心を感じた」vs「悪意ある名誉毀損」…クララ訴訟、真実攻防

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.01.15 17:35
0
女優クララが所属事務所を相手に契約無効訴訟を起こした事実が明るみになり話題になっている。

14日、あるメディアは「クララが所属事務所会長の言動のために性的羞恥心を感じて訴訟を起こし、所属事務所側はむしろ会長の名誉が毀損されたと反論した」と単独報道した。

クララは先月末、所属事務所を相手に訴訟を提起した。クララ側は「所属事務所の会長イ氏に性的羞恥心を感じ、9月に契約の解約を通知して契約効力がないという事実を確認するため訴訟を提起した」と伝えた。

訴状によればイ氏は「私は結婚をしたがガールフレンドがいる」「君はほかの芸能人らと違って新鮮で心がときめく」などと文字メッセージを送り、夜の酒の席まで提案したと発表された。

またクララと一緒に仕事をしているキム氏がボーイフレンドだと知って「結婚すれば不幸になる」との文字メッセージも送ったと伝えられた。これに対しクララは「60歳を超えたイ氏の言動で性的羞恥心を感じ、イ氏がキム氏らマネジャーを一方的に解雇した」と訴訟理由を明らかにした。

だが所属事務所側は「クララ側が前後の内容を切り落として変人扱いをして会長の名誉を傷つけた。クララと父親のイ・スンギュ氏を脅迫容疑で告発したので、まもなく真実が明らかになるだろう」と反論した。

一方クララは最近、韓国日刊スポーツとのインタビューで「今年はハリウッド映画1本を必ず撮りたいです。私にとっては大きな挑戦でしょう。デビューして韓国で初めてドラマオーディションを受けた時のようにときめいて緊張している気持ちです。小さな役や小規模な映画でも関係ありません。キャラクターに束縛されることなくチャンスがあれば一生懸命にやりたいです」と明らかにして、活発な活動を続けるという覚悟を明らかにしていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「性的羞恥心を感じた」vs「悪意ある名誉毀損」…クララ訴訟、真実攻防

    2015.01.15 17:35
    뉴스 메뉴 보기
    女優クララ(写真=中央フォト)
    TOP