주요 기사 바로가기

煙を感知できない警報器…一般マンションも不安だ=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.14 15:08
0
1/3
マンションの天井についている火災報知機(左側)は、ほとんどが温度70度以上で作動する熱感知方式だ。有毒性の煙が広がっても警報が鳴らない。右側は、隣家のベランダに通じる非常通路を荷物で防いだ様子。板状の壁を足でけると通路が開くが、こうした事実を知る人はまれだ。
12日午前、京畿道議政府市(キョンギド・ウィジョンブシ)Aマンション8階のある家の中のリビング。消防安全設備を点検したペク・ドンヒョン韓国火災消防学会長〔嘉泉(カチョン)大学設備消防工学科教授〕が話した。「敏感な煙感知器ではなく熱感知器だ。火よりもはやく広がる有毒ガスには対応できない」。リビングだけでなく3部屋の天井にあるのも全て熱感知式だった。煙感知器は階段だけに設置されていた。ペク会長は「マンションの火は階段ではなく家の中から発生する」として「こうした形ならば火災時に広がる煙のために人命被害が大きくなる恐れがある」と指摘した。同日午後、ソウル蘆原区(ノウォング)のBマンション。非常階段のあちこちに自転車や捨てられた家具などゴミの山ができている。火事が起こった際に、とても住民たちがすみやかに避難できない状態だった。全21階のうち7階は階段と家の間の防火ドアが全開状態だった。階段に自転車などを入れてドアを開けておいたものだった。一緒に現場を見回ったキョンミン大学消防安全管理課のイ・ヨンジェ教授は「冬はいつ火災が起こるかも分からないので、必ず防火ドアを閉めておかなければならない」と話した。

都市型生活住宅だけではなかった。マンションもやはり所々で消防安全の死角地帯だった。コストを惜しんで性能が落ちる設備を使ったり、入居者がよく知らずに非常用避難路を防いでいたりしたことなどが原因だった。

代表的なものが火災警報器だ。中央日報が専門家らとソウル・議政府のマンションを見て回った結果、ほとんどが熱感知式の警報機を付けていたことが確認された。温度が70度以上になれば警報が鳴る装置だ。ペク会長は「付近で火事が起こったら温度が70度に達する前に有毒ガスが到達する」として「火事が起こった時、死亡原因の70~80%が窒息なのに、熱感知器ではこうした被害は防げない」と話した。それでもマンションが熱感知式の警報器を装着する理由は、価格のためだ。業界によればマンションを建てる際に熱感知器は1個あたり約1000ウォン、煙感知器は約1万ウォンで供給される。10倍の差だ。そのうちに費用を惜しんで熱感知式警報器を付けるようになったのが現実だ。
煙を感知できない警報器…一般マンションも不安だ=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP