주요 기사 바로가기

スマートウォッチでエンジン始動、現代自動車が最新技術を公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.06 13:24
0
現代自動車が世界最大の家電見本市「CES2015」で、スマートウォッチだけで自動車を作動させる最先端スマートカー技術を公開する。鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長も6日にラスベガス入りし、2011年以来4年ぶりにCESに参加することにした。鄭副会長はCES会場でマイクロソフト、インテル、エヌビディアなどグローバル情報通信技術企業の役員らと相次いで会う予定だ。

CESで現代自動車が最初に公開する技術は車両制御システム「ブルーリンク」のスマートウォッチアプリケーションだ。LGのGウォッチ、MotoXのようなグーグルのウェアラブル機器用基本ソフト(OS)「アンドロイドウェア」を搭載したスマートウォッチなら何の制約もなく使うことができる。スマートウォッチだけで車のドアを閉め、遠隔でエンジンをかけられ、エアコンとヒーターも作動できるので時計だけで車内温度を調節できる。

現代自動車はCESに1530平方メートル規模で別途のブースを用意した。ここではアップルの車両用OSである「カープレイ」だけでなく、グーグルの「アンドロイドオート」にも対応する自動車インフォテインメントプラットフォームを公開する。自動車インフォテインメントシステムはインターネット技術を利用して電話通話、ショートメッセージ送受信、地図検索、音楽鑑賞だけでなく、音声認識サービスまで運転中に使えるようにするサービスだ。アップルとグーグルのソフトウェアの両方に対応するプラットフォームを開発したのは現代自が初めてだ。

ある外資系IT企業の役員は、「消費者は『iPhone用ソナタ』と『アンドロイド用ソナタ』を選んで買うことはできない。現代自動車はこれまで自動車メーカーが持っていたジレンマを解決したと見られる」と説明した。

BMWもサムスンのスマートウォッチ「ギアS」で車を希望の場所に移動させる無人自動駐車技術を公開する。運転者が建物の前に車を止めて下車し、スマートフォンやスマートウォッチで駐車命令を出せば自動車が自動で駐車場まで移動し駐車するシステムだ。BMWは昨年CESでサムスン電子とともにギャラクシーギアで電気自動車「i3」のバッテリー状況、充電時間を遠隔操作する機能を公開した。

CESは自動車とICT技術が結合し、フォード、ゼネラルモーターズ(GM)、ベンツ、BMW、アウディなど世界の自動車メーカーがモーターショーに劣らず力を入れる行事になった。今年のCESにはフォードのマーク・フィールズ会長、メルセデスベンツのディーター・ツェッチェ会長が基調演説者として出る。鄭副会長もCESに参加し、来週のデトロイトモーターショーに参加する。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    スマートウォッチでエンジン始動、現代自動車が最新技術を公開

    2015.01.06 13:24
    뉴스 메뉴 보기
    現代自動車が「CES2015」で公開する予定のスマートウォッチ用アプリケーション「ブルーリンク」。
    TOP