주요 기사 바로가기

アンジェリーナ・ジョリー「日本の反発気にしない」…ネットユーザー応援相次ぐ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.02 17:00
0
「日本の反発は気にしない」。

ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーの発言が新たに注目されている。映画『アンブロークン』の韓国内での封切り(1月7日)を控えてだ。今回ジョリーがメガホンをとった『アンブロークン』は、米国のオリンピックの英雄であり日本軍の戦争捕虜として数奇な運命を体験したルイス・ザンペリーニの人生を題材にしている。

この映画には、第2次世界大戦中にザンペリーニが850日間日本軍の捕虜収容所で拷問・虐待を受けるシーンが描かれている。この事実が知られる中で日本の極右団体が激しく反発した。日本の極右団体はこの映画で描写された日本の捕虜収容所シーンについて「ねつ造」と主張して映画の上映禁止とジョリーの入国禁止を要求した。日本のあるサイトでは『アンブロークン』の上映ボイコットを要求する嘆願書に1万人以上が署名した。

日本の極右団体の反応についてジョリーは先月23日、米国日刊紙USAトゥデイとのインタビューで日本国内の反発は気にしないと伝えた。彼は「美しいメッセージを込めた美しい映画だ。私たちは東京大空襲を含めて戦争のあらゆる面を扱おうと努めた」と話した。引き続き「ルイスは戦争捕虜としてとても大変な時間を体験した。私たちは彼に敬意を表わしたい。そして戦争で苦痛を受けたすべての人を映画で見せてあげたかった」と語った。

米国のネットユーザーはジョリーの発言に対して「戦犯国家である日本の歴史の『洗濯』を許容してはいけない」「世界大戦の中で日本の残酷な行為を暴露したジョリーを応援する」「私の親戚も日本の拷問のために苦しみながら死んだ。日本の悪行はナチスに劣らない」などのコメントを寄せた。

監督に変身したジョリーの2本目の演出作である『アンブロークン』は、製作段階から世界的な注目を浴びていた。世界的巨匠コーエン兄弟が脚本を担当し、ハリウッド最高のスタッフが参加したからだ。『アンブロークン』は、1936年ベルリンオリンピック米国陸上代表選手だったルイス・ザンペリーニの感動的な人生と共に、戦争のさまざまな面を写実的に見せるブロックバスター映画だ。イタリア移民者であるザンペリーニは19歳のときに米国のオリンピック国家代表に選抜されたが、第2次世界大戦に参戦し日本の捕虜として850日を送って多くの苛酷な行為にあう。先週、北米での公開と同時にボックスオフィス1位を占めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP