주요 기사 바로가기

アンジー主演映画『Unbroken』が日本で非難…なぜ?

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.10 17:22
0
米国女優のアンジェリーナ・ジョリーが日本の国粋主義者から非難を受けている。アンジェリーナ・ジョリーが監督した映画『Unbroken』(原題)が日本のイメージを傷つけるという理由からだ。

10日、英日刊紙デイリーメールなど外信によると、日本の一部の国粋主義者は映画『Unbroken』が日本のイメージを傷つけて根拠のない歴史を伝えるという理由で彼女を「非道徳的」「悪魔」などと描写していると伝えた。

映画『Unbroken』は、1936年ベルリン・オリンピック(五輪)に19歳で最年少国家代表として出場し最高の有望株になった青年が、第2次世界大戦の激動に巻き込まれながらも選手として再起する姿を追っている。特に、第2次世界大戦勃発により空軍に入隊し、戦闘機墜落で太平洋に47日間漂流した青年が、日本軍に捕えられて850日間の戦争捕虜生活を送りながらも厳しい逆境を乗り越え、再びオリンピック陸上選手になる過程が印象的だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP