주요 기사 바로가기

北朝鮮のインターネット網、8日ぶりに正常化

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.30 14:36
0
韓国通信社の聯合ニュースが30日午前10時に北朝鮮の主なウェブサイトにアクセスした結果、韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」、金日成(キム・イルソン)放送大学サイト「わが民族講堂」、対外宣伝サイト「柳京」「朝鮮の今日」などで円滑な接続が確認されたとした。

これらのウェブサイトは中国にサーバを置いており、北朝鮮のインターネット網のダウンが確認された今月23日以降ずっと接続不安が続いていた。しかし、29日午後から接続が再開され、現在までの12時間以上、正常に運営されていることが分かった。

また、北朝鮮官営通信「朝鮮中央通信」や労働党機関紙「労働新聞」など、北朝鮮の公式ドメイン「.kp」が使われているウェブサイトも23日午前1時に接続障害を起こし29日午前に回復してからは正常運営されていると聯合ニュースは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP