주요 기사 바로가기

韓国内の中国人所有地、今年に入り67%増加(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.12.28 12:34
0
江原道平昌郡(カンウォンド・ピョンチャングン)の嶺東(ヨンドン)高速道路の長坪(チャンピョン)インターチェンジに近くにある山の約3000平方メートルは中国人の所有だ。平昌郡庁の外国人土地台帳によると、2012年から最近まで、中国人は少なくて数十平方メートル、多くて数百平方メートルずつこの山を買い入れた。高速道路と隣接しているが傾斜が険しく、松の木で覆われていることから開発を期待するのは難しそうに見える所だ。この地域の不動産業者は「企画不動産売買」と分析した。韓国では投機の意図でしばしば活用される方式だ。

平昌郡平昌邑のある林野も不動産開発業者が手を付けたものとみられる。中国人2人が最近ここの土地を買い、玄関ドアのビニール包装もそのまま残っている5000万~6000万ウォンの組み立て式住宅2軒を立てた。近隣の不動産仲介業者は、「道がつながっていないところに家を建てた。道路を出すことができる許可手続きをよく知っている専門業者が介入したと考えられる」と話した。

中央SUNDAYが全国の自治体を対象に調査したところ、2012年から現在まで中国人が土地を最も多く買い入れた地域は済州道(チェジュド)の済州市と西帰浦市(ソグィポシ)、江原道平昌郡、横城郡(フェンソングン)、忠清北道清州市上党区(チュンチョンブクド・チョンジュシ・サンダング)だ。これら5カ所で中国人が3年間に取得した土地面積は合わせて643万8859平方メートルだ。法人ではない個人が買った土地はほとんどが林野地帯だ。

全国の中国人所有地は2014年9月末現在で11.97平方キロメートルだ。8.4平方キロメートルのソウル・汝矣島(ヨイド)の1.4倍を超える面積だ。今年に入り昨年より67%増えた。ある不動産仲介業者は、「実際に土地を見にきて買う中国人はおらず、ソウルで業者を通じ団体で購入する事例が多い」と話した。チャイナマネーが企画不動産に乗り入ってきたという意味だ。


韓国内の中国人所有地、今年に入り67%増加(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP