주요 기사 바로가기

中国の資金と地下経済のおかげで…北朝鮮3年連続プラス成長(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.12.22 17:00
0
「4年ぶりに平壌(ピョンヤン)市内を見物したが、アパートがこんなに増えたのかと。そのアパートが私には全てお金に見えた。今こそ事業を始める時だという思いにもなった」。

10月中旬に平壌に行ってきた華僑出身の事業家・李長江(67)は、自身の目を疑った。最近の北朝鮮の変化を話だけは聞いていたが、直接平壌に来て確認したところ信じられないものった。彼はベッドなどの家具事業をするため13年間にわたり北朝鮮担当者らと接触してきた。彼は「平壌のアパートが市場に見えた。そしてそのアパートに入居するほどならば、ある程度の所得がある人々であり、彼らには恐らくベッドなどの高級家具が必要だろう」と自信ありげに見通した。

平壌の一部の党幹部や富裕層の間では、数年前からアパートで権力を誇示する風潮が出てきた。アパートに人造大理石や木の床、二重サッシや高級カーテンなど室内インテリアを整える現象が流行のように広がっている。その影響で各機関・工場の建築部署が金儲けのために室内インテリア業に争うように参入している。その上、平壌市内の住宅室内インテリアの需要が急増すると、中国企業が平壌進出のため現場調査も行った。彼は「平壌で会った北朝鮮企業家の頭の中は、お金がすべての価値基準になっていた」と話した。

北朝鮮は2006年の第1次核実験以降マイナス成長を続けていたが2011年から3年続けてプラス成長をした(韓国銀行資料)。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が2011年12月17日、父金正日(キム・ジョンイル)の死後に権力継承した後もこうした基調を継続している。

◆核実験後、国連制裁でも景気は良い方

これに伴い経済が少しずつよみがえっている。核実験後に強化された国連制裁がいまだ解けない状況にもかかわらず、経済事情が思ったよりも悪くはない。対北朝鮮の消息筋や北朝鮮経済専門家たちは、外部から中国の資金が入ってきて内部で非公式経済が拡大しながらプラス成長を導いていると口をそろえた。

中国資金は公式・非公式で北朝鮮に入ってくる。G2(主要2カ国)に浮上した中国は、高度経済成長をしながら不足する地下資源を北朝鮮からも輸入している。北朝鮮は昨年、中国に地下資源を含めて29億ドル分を輸出し、原油・機械類など36億ドル分を輸入した(KOTRA 2013年北朝鮮対外貿易動向)。この数字だけ見れば、北朝鮮が対中国貿易で赤字だったということになる。統計に出てこない非公式的な中国資金が北朝鮮経済を起こすのに寄与したという結論だ。中国が昨年から腐敗との戦争を行うと、隠れ場所を探した資金が北朝鮮に流れて行ったのだ。

北朝鮮当局者らは対北朝鮮事業家たちとの約束を破って不満を引き起こしたりもする。だが外部との金融取引が遮断された北朝鮮では資金追跡が難しく秘密資金が隠れる場所としてはおあつらえ向きだ。ある対北朝鮮消息筋は「中国政府が過去とは違い周永康・元政治局常務委員ら大物を収賄容疑などで調査する便りが知られながら、北朝鮮に資金が少しずつ流れて行った」ともらした。彼は「その金は中国の権力層と結託した人々のものや、腐敗戦争を避けて北朝鮮に投資したもので、ほとんど対北朝鮮投資名目で入ってきた」と自信ありげに話した。中国同胞や華僑商人は最近、平壌の新しい住宅団地や豪華アパートに多くのお金を投資しているという。北朝鮮としては、転がり込んできた幸運に違いない。(中央SUNDAY第406号)
中国の資金と地下経済のおかげで…北朝鮮3年連続プラス成長(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP