주요 기사 바로가기

自民党、総選挙で3分の2議席が有力…安倍政権、改憲を加速か(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.10 08:54
0
「自民単独3分の2」は、今後の安倍晋三首相の政局運営にも大きな変化をもたらすことが予想される。最も注目されるのは改憲議論が急進展する可能性だ。

改憲は衆議院と参議院でそれぞれ3分の2以上の賛成で発議した後、国民投票を通じて過半の賛成を得なければならない。総選挙前の自民党は295議席で、連立与党の公明党(31議席)と合わせてこそ3分の2を超えた。公明党は「平和主義」を掲げているため、平和憲法9条の改正には消極的だ。しかし自民党単独で3分の2を超えれば、衆議院でいつでも改憲発議ができるからだ。

安倍政権は参議院で改憲を支持する一部の野党を引き込んで一気に改憲発議に進んだり、または徐々に改憲ムードを高めて2016年夏の参議院選挙で「単独3分の2」を狙う戦略の一つを選択するものとみられる。もう一つは集団的自衛権など各種外交安保政策において、よりいっそう強力な「安倍カラー」を出すという点だ。

その間、自民党は公明党の表情をうかがいながら政策を推進してきた。しかし自民党単独で3分の2を確保すれば、その力は強大となる。衆議院を通過した法案が参議院で否決されても衆議院で自民党が「3分の2」の力で再議決すれば「衆議院優先原則」に基づき法案は成立する。このような機会を安倍首相が逃すはずはない。
自民党、総選挙で3分の2議席が有力…安倍政権、改憲を加速か(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP