주요 기사 바로가기

韓日首脳が慰安婦問題を議論…「局長級協議が進展できるよう努力」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.11 08:43
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相が意見交換をした。

10日午後(現地時間)、中国・北京のウォーターキューブ(Water Cube)で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳の夕食会でだ。両首脳は並んで座り、両国の懸案について意見を交換したと、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の関係者が伝えた。青瓦台関係者は「両首脳が並んで座ったのは国名のアルファベット順に首脳の席が配置されたため」とし「事前に意図した対話ではなかった」と述べた。意図的ではなかったとはいえ、両首脳が会ったのは3月にオランダ・ハーグで行われた韓日米3カ国首脳会談以来8カ月ぶり。両首脳は夕食会の間、慰安婦問題をはじめとする韓日間の懸案、北朝鮮の核問題、韓半島(朝鮮半島)情勢など、さまざまな懸案について議論したと、青瓦台関係者は伝えた。

両首脳は特に、日本軍慰安婦問題を議論するための局長級協議が円滑に進むよう促していこうという意見で一致したという。日本軍慰安婦問題のための韓日局長級協議は9月に開かれた。両首脳は夕食会で2時間近く並んで座っていたと、青瓦台関係者は伝えた。ただ、夕食会はメディアに公開されない非公開行事であるため、具体的な対話内容は伝えられていない。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP