주요 기사 바로가기

11月11日はペペロだけじゃない…7割引でショッピングする日!=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.10 17:16
0
11日、中国最大のオンラインショッピング日である「光棍節・シングルデー」に合わせて国内流通業界が熱くなっている。ブラックフライデー(11月の第4金曜日)、サイバーマンデー(ブラックフライデーの翌週の月曜日)、ボクシングデー(クリスマスの翌日)といった海外の「ショッピング商戦日」にちなんで大々的なイベントを行ったのと同じ脈絡だ。

ロッテ百貨店本店は10・11日の2日間、ロッテドットコム、エルロッテと連係して「コリア光棍節」という名前で史上最大のオンライン商品イベントを行う。男女衣類や雑貨、生活家電など350ブランドで200億ウォン分の商品を最大7割引で販売する。化粧品を買えば正規商品の容量に匹敵するサンプルを提供する行事も最初に開く。CJオーショッピングも光棍節を迎えて11日、「さらにもう1つデー」として商品をさらに1つ提供したり、追加の謝恩品を出したりする行事を行う。

韓国内で11月11日は1990年代中盤から数字の1に似た棒菓子をやり取りする、いわゆる「ペペロデー」で有名だ。そこへなぜあえて中国で流行している日を持ち込んだのだろうか。ロッテ百貨店のチャン・スヒョン本店長は「毎年11月11日はカップルを対象にしたイベントが多いが、シングルを含めたすべての顧客が満足できるイベントを企画した」と話した。

中国の光棍節は、数字の1がパートナーのいない独身者(光棍)に似ているので11月11日だ。シングルデー、ソロの日、双十一(ダブルイレブン)ともいう。中国の最大電子商取引企業アリババグループが2009年に子会社のタオバオモールを通じて独身者のための大々的な割引セール行事を始めながら、光棍節は中国最大のショッピング商戦日になった。昨年、光棍節の一日でアリババグループが売り上げるだけでも350億中国元(約6兆ウォン)だ。今年の光棍節の売上額は最大600億中国元(約10兆ウォン)と推定している。世界最大のショッピング商戦日を、売り上げ不振を体験している国内流通業界が持ち込んだのだ。ペペロデーとは違い、特定商品に限定されずに幅広い売り上げを期待できるという分析だ。

流通業界が昨年末、米国から持ち込んだ「ブラックフライデー」のマーケティングで大成功をおさめたのも、中国シングルデーの導入に影響を及ぼした。ブラックフライデーは米国最大のショッピング商戦日だ。感謝祭(11月第4木曜日)の翌日に破格的な割引セールを行って商人たちが帳簿に黒字を記録したことに由来する。

こうした行事の際に米国のオンラインショッピングモールを通じて直接購入する「直購入族」が増えながら韓国でも関心が大きくなった。ミーシャ・トニーモリーのような化粧品プレンドショップや靴のマルチショップABCマートが昨年、ブラックフライデーの時の関連イベントで大人気になり国内でも熱風が始まった。デパート・大型マート・オンラインショッピングモールがそれぞれ「韓国型ブルフ(ブラックフライデーの韓国式愛称)」を前面に出して12月まで大々的な行事を行った。真夏の今年7月にもロッテ百貨店で「バカンス・ブラックフライデー」、ロッテマートで「サンクス・ウィーク」が開かれた。イーマートは先月30日に開店21周年記念の割引セールを始めながら「1カ月間ずっとブラックフライデー価格」と広報した。ある流通業界の関係者は「全般的な消費停滞状況でも『ブルフ』行事は普段の13倍まで売り上げが伸びた」として「季節や曜日に関係なく、それぞれがブラックフライデーを前面に出す理由だ」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    11月11日はペペロだけじゃない…7割引でショッピングする日!=韓国

    2014.11.10 17:16
    뉴스 메뉴 보기
    昨年12月にロッテ百貨店の「韓国版ブラックフライデー」のイベント場所を訪れた顧客が商品を選んでいる。一日の売り上げが13億ウォンに達した。(写真=中央フォト)
    TOP