주요 기사 바로가기

在韓米軍司令官「北朝鮮は核弾頭小型化能力備えている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.26 10:54
0
スカパロッティ在韓米軍司令官は24日、米国で「現在の北朝鮮は核弾頭を小型化できる能力を備えているとみている」と明らかにした。これまで北朝鮮が小型核弾頭を中距離ミサイルなどに搭載して発射する能力を持っているという民間研究所の主張は何度も出てきたが、米軍高官が公開的に確認したのは初めてだ。

米ラジオ放送のボイスオブアメリカ(VOA)によると、スカパロッティ司令官は米国防総省での記者会見で、「北朝鮮が核弾頭を小型化しミサイルに載せて発射できる技術を持っていると判断している。だが、まだこれと関連した実験をしておらず、北朝鮮の技術水準については正確に把握できずにいる」と話した。

スカパロッティ司令官は北朝鮮が開発中である移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)のKN-08と関連、「北朝鮮はICBM発射能力を持っていると主張しており、すでに発射台を備えている。北朝鮮の政権が核とミサイル開発を加速化しているだけでなく、生化学兵器とサイバー戦など他の非対称戦力強化にも多くの努力を傾けている」と述べた。

最近北朝鮮の融和攻勢に対しては、「金正恩(キム・ジョンウン)政権が融和的な態度で対外関係改善を模索しているが、一方では依然として危機を高めさせている。特に北朝鮮は西海(ソヘ、黄海)と非武装地帯(DMZ)で威嚇的な挑発行為を持続している」と話した。

同日ケリー米国務長官は北朝鮮の非核化進展により在韓米軍を縮小する可能性に対して、「いま在韓米軍の縮小に言及するのは時期尚早」と一蹴した。ケリー長官の発言は韓米外交・国防相(2+2)会議に参加した直後に開かれた記者会見で出たもの。

ケリー長官はまた、「北朝鮮と非核化会談を始めるだけでは在韓米軍縮小に関連したいかなる議論もできない」と強調した。ケリー長官は北朝鮮の核開発と関連、「北朝鮮が最初にすべきことは実質的で真正性のある非核化対話のテーブルに出てくること。(6カ国協議再開の前提条件として)北朝鮮の核開発放棄が先行しなければならない」と改めて強調した。

これに対してワシントンの外交界では、「ケリー長官の在韓米軍縮小否定は自身の先の発言に議論の余地があり積極的に釈明したもの」という分析が出ている。ケリー長官は2日前に「非核化問題が進展を見せれば北朝鮮の威嚇が減るため(韓国に)駐留している米軍を縮小する準備ができている」と発言していた。

一方、北朝鮮に抑留されている米国人2人の身柄については、「北朝鮮が人道主義的理由だけでも彼らを解放しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP