주요 기사 바로가기

「韓国はデジタルリーダー…新技術の実験に完ぺきな場所」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.22 11:14
0
「韓国はデジタル時代のリーダーであり、新技術を実験できる完ぺきな場所だ」。

シーメンスのジョー・ケーザー会長(57)が21日、ソウル小公洞のロッテホテルで開かれた「スマート革命フォーラム創立記念式」の演壇に立った。シーメンス入社33年目の昨年、最高経営責任者(CEO)に就任したケーザー氏は、初めて韓国を訪問した。

ケーザー氏はこの日の特別講演で、ドイツが推進中の「インダストリー4.0」と呼ばれる産業のデジタル化について詳しく説明した。ケーザー氏は「デジタル化の影響でパラダイムの変化が生じている」とし「シーメンスの根幹は電力化(electrification)事業だが、市場の要求に対処する力がなければ現在の位置にはいなかっただろう」と説明した。

2000年までギャラクシーやiPadのようなスマート機器は存在しなかったが、最近は一日に10億台にのぼるスマートフォンが販売されているという説明もした。ケーザー氏は「シーメンスはこうした変化に対応するため、工場の生産ラインから発電所、コンピューター断層撮影(CT)、ビル管理にいたるまで、デジタル化が及ぼす影響を調べている」と説明した。

ケーザー氏はシーメンスがドイツ南部アンベルクに建設した世界初の「デジタル工場」を紹介した。アンベルク工場は製品生産のための概念の樹立段階から、生産、物流、運営、サービスにいたる全体の流れをデジタルで結びつけた。ケーザー氏は「例えば生産ラインの特定地点で品質問題が発生すれば、生産、開発、製品、施工、デザイン部門までこれを直接解決できる」と説明した。

ケーザー氏は昨年、シーメンスエネルギーソリューションアジア地域本部をソウルに移したことに言及した。ケーザー氏は「新しい地域本部の設立が韓国経済に及ぼす波及効果はすでに表れた」とし「2017年までに500人の人材を採用し、主要技術の韓国現地化を強化する」と強調した。続いて「韓国は世界12位レベルの経済規模であり、研究開発(R&D)投資はドイツに続いて5位。韓国とドイツが協力すれば世界1位になることができる」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国はデジタルリーダー…新技術の実験に完ぺきな場所」

    2014.10.22 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    シーメンスのジョー・ケーザー会長(57)
    TOP