주요 기사 바로가기

役立たず韓国海軍の無人探査機…63カ月間で48カ月修理中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.15 15:00
0
海軍が保有する唯一の水中無人探査機(ROV)が頻繁な故障で事実上、無用の物になっていたことが確認された。新政治民主連合の権垠希(クォン・ウンヒ)議員は「2009年に導入された海軍のROVが導入後63カ月間に5回の故障で48カ月間、修理を理由に使用されていない」として「今も故障で22カ月にわたって修理中」と明らかにした。

該当のROVはスウェーデンの「オーシャンモジュール」の製品で、2009年7月に4億5000万ウォンで導入された。以後、導入1カ月後に推進機から絶縁油の漏油が発見されて3カ月間修理され、1年もたたない2010年6月に再び推進機が故障して10カ月間運用停止した。このほか今まで5回にわたる頻繁な故障で導入後63カ月のうち48カ月間修理を受けていた。運用された期間は15カ月に過ぎなかった。

無人探査機は現在も2012年12月の操縦装置誤作動により故障して以降22カ月にわたって修理中の状態だ。特に納品企業が欠陥修理はできないという立場を伝えてきて、調達庁は4月に2100万ウォンの瑕疵保証金を還収して外注整備を進めている。修理がいつ終わるかも分からないということだ。

権議員は「今年4月にセウォル号事件が発生し、いつにもましてROVが必要だったのに故障で投入できなかったとすれば、海軍は国民に責任を感じるべきだ」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP