주요 기사 바로가기

【中央時評】スーパー中国経済、協業競争力で対抗を(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.26 09:40
0
韓国はこの10年間、中国特需を確かに享受した。2013年韓国の対中輸出は韓国の総輸出の26%を占めて米国市場に対する11%よりもはるかに高い。過去3年間、韓国は何と1640億ドルの対中貿易黒字を出した。こうした中国効果で世界金融危機以後。韓国経済がこれだけでも成長の勢いを維持することができた。

しかし最近、韓国の対中輸出に非常警告灯がついている。今年に入って対中輸出額が数カ月連続で下降している。韓中修交以後22年ぶりにあらわれた初めての現象だ。また最近、中国産の低価格スマートフォンは中国内需市場から韓国産を追い出して国内市販1位になり、韓国市場にも上陸している。数週間前に中国は曲面大型テレビを韓国よりも先に発売した。中国のIT、石油化学、造船、鉄鋼は技術力で韓国に追いついている。今、部品や中間材は中国の地場企業による自給率上昇で、韓国の商品の立ち位置を失い、高級消費財は西側の高級ブランドと合弁の中国外資企業によって中国市場から押し出されている。これまでの中間材中心の加工貿易から脱却して中国内需市場の進出に対する根本的な対策を用意しなければならない。

韓国は中国の台頭を威嚇と見るよりも機会と見る心機一転の姿勢が必要だ。今や一企業による対中国単独進出には限界がある。中国の技術覇権主義に韓国は産業別に企業群の協業競争力と技術力の強化で対抗しなければならない。大企業と中小企業がネットワーク経済で同伴進出のシナジーを出さなければならない。

例えば中国市場に大企業の韓流企画と海外ホームショッピングを活用し、親環境の食品需要の急増に備えて地方特産物の加工食品化と関連中小企業の同伴進出で、多様な範囲の経済(Economies of Scope)を追求しなければならない。今後妥結する韓中自由貿易協定に備えて、中小企業のグローバル化がより一層切実だ。寸刻を争う世界の経済戦争に企業、研究所、国会、政府が総力戦を展開しなければならない。最も近い中国市場、得るのも大変な機会だ。肝に銘じなければならない事は、韓国の企業間の技術協力など共生の戦列がばらばらになれば中国経済辺境化を防ぐ方法はない。

アン・チュンヨン同伴成長委員会委員長・経済学者
【中央時評】スーパー中国経済、協業競争力で対抗を(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP