주요 기사 바로가기

2030年トップ50経済都市、中国が17カ所…ソウルは50位以内にない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.09 10:52
0
中国の高度成長と急激な都市化が16年後の2030年の世界都市経済図を大きく変えるだろうという予想が発表された。

中央日報が8日に入手した英国経済予測機関であるオックスフォード・エコノミクス(OE)の「世界750都市未来トレンドと市場機会」という報告書によれば、2030年における中国の主要都市の経済規模(GRDP・地域内総生産)が約25兆ドル(約2京6000兆ウォン)に達する見通しだ。これは同年の米国やカナダなどの北米地域都市(約18兆ドル)より1.3倍程度大きい。昨年現在、経済規模が最も大きいのは北米都市だった。

OEは「2030年には中国都市が世界経済の中心に浮上する見通し」としつつ、「中国経済の急速な成長と政府の果敢な都市化戦略が世界都市経済力地図を変える最も大きい要因」と説明した。実際の経済力が2013~2030年の間に最も多く大きくなる都市10位に中国の7都市が入っている。上海(2位)、天津(3位)、北京(4位)、広州(6位)、深セン(7位)、重慶(9位)、蘇州(10位)の順だ。ソウルは50位以内に入ることができなかった。

OEは「2030年経済力基準上位50カ所には中国都市17カ所が含まれる」とし、「これはヨーロッパに比べ約4倍」と説明した。ただし、高所得層(年間7万ドル以上)が最も多く暮らす都市50位に入った中国都市は香港を含め8カ所に終わった。米国は19カ所もランクインした。中国都市の経済規模が外形的に大きくなるが、世帯所得の側面では依然として米国などの先進国には達し得ないという話だ。
2030五トップ50経済都市、中国が17カ所…ソウルは50位以内にない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2030年トップ50経済都市、中国が17カ所…ソウルは50位以内にない(1)

    2014.05.09 10:52
    뉴스 메뉴 보기
    2030年に経済規模が最も大きくなると予想される上海
    TOP