주요 기사 바로가기

“スマートフォン独立”を加速するサムスン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.22 08:49
0
サムスン電子が“スマートフォン独立”に向け本格始動した。独自の基本ソフト(OS)とチップ開発が独立の武器だ。力を伸ばし急速に成長するウェアラブル機器やスマートホーム市場で、“スマート生態系”の主導権を握るという意図とみられる。サムスンはスマートフォン端末市場でシェア世界1位だがOSはグーグルのアンドロイドに、スマートフォンの頭脳に相当するアプリケーションプロセッサ(AP)はクアルコムへの依存度が高い。だが、状況は変わっている。

IT業界が21日に明らかにしたところによると、サムスン電子は18日に公開した「ギャラクシーノート4」に自社の64ビットAP「エクシノス5433」を搭載した。64ビットAPは人間に例えると「最も賢い頭脳」だ。

これまでサムスンは第4世代移動通信(LTE)の通信チップ開発が難航し、「ギャラクシーS5」など韓国内販売用のスマートフォンにはクアルコムのAPを使ってきた。サムスン電子関係者は、「エクシノス5433は20ナノプロセスを適用しクアルコムのスナップドラゴン805より電力使用を25%ほど抑えることができる」と説明した。

独自開発OSの「タイゼン」で駆動するスマートフォン発売への期待感も再び起きている。サムスン電子メディアソリューションセンター南西アジア支社のタルン・マリク理事は最近インドエコノミックタイムズとのインタビューで、「11月にインドで初めてタイゼン基盤のスマートフォンを発売する予定だ」と明らかにした。価格は1万2322ルピー(約2万2000円)と推定される。

タイジェンフォンはロシアで発売予定だった「サムスンZ」を含むアプリ開発遅延などを理由にこれまで3回にわたり発売が延期された。

しかし最近グーグルが現地企業と組んで「アンドロイド・ワン」を適用した10万ウォン台の普及型スマートフォンを発売し、サムスンも独自OSを搭載したスマートフォン発売で対応しなければならない状況だ。ただサムスン電子関係者は、「発売の有無や時期について正式に決定されたものはない」と明らかにしている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “スマートフォン独立”を加速するサムスン

    2014.09.22 08:49
    뉴스 메뉴 보기
    クアルコムAP搭載を意味する「QUALCOMM 4G」のステッカーが付いていないギャラクシーノート4のフレーム上部。サムスンは韓国内で販売するLTE用戦略モデルに初めて独自のAPを搭載した。
    TOP