주요 기사 바로가기

<アジア大会>「謝るな朴泰桓…申し訳ないのは私たち」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.22 08:34
0
朴泰桓(パク・テファン、25、仁川市庁)は申し訳ないという言葉を忘れなかった。レースを終えた彼は「残念な点が多い。ファンがたくさん来られて応援してくださったが、良い競技ができず申し訳ない」と話した。非常に明るく前向きな性格であるため笑顔を失わなかったが、ファンに謝罪の言葉を述べる時は笑みがなかった。

朴泰桓は21日、文鶴朴泰桓プールで行われた仁川アジア競技大会男子自由形200メートル決勝で1分45秒85をマークし、銅メダルを獲得した。序盤から朴泰桓と孫楊(23、中国)が先頭を争ったが、レース終盤に日本の萩野公介(20、1分45秒23)が跳び出して金メダルをつかんだ。孫楊は1分45秒28で2位。

2006ドーハアジア競技大会と2010広州アジア競技大会で自由形200メートルの金メダルを獲得した朴泰桓は、大会3連覇を逃した。競技の直後、朴泰桓は「多くの方々が200メートルの金メダルを期待していたし、自分の名前が入ったプールで開かれた大会だったのでプレッシャーがあった。最後の25メートルを残して手と足が思い通りに動かなかった」と話した。朴泰桓は「年を取ったからだろうか」と言いながらため息をついた。

しばらくしてカンファレンスルームで公式インタビューがあった。短い問答が終わると、朴泰桓は「ありがとうございます」とあいさつした。この時、大会関係者はもちろん、取材陣も拍手を送った。珍しい場面だった。競技場にいた人たちはみんな彼に申し訳ないと思っていた。あるファンは「朴泰桓が謝ると、私たちがもっと申し訳ない気持ちになる」と語った。

2008北京オリンピック(五輪)400メートルの金メダルを獲得した朴泰桓は、水泳の不毛地で誕生した英雄であり怪物だ。現在、彼を後援する企業はない。昨年ファンが「国民スポンサー」プロジェクトを通じて7000万ウォン(約700万円)を募金し、数学の講師ウ・ヒョンチョルさんが5億ウォンを後援したが、大会を控えて支援が途切れた。朴泰桓は10年近く世界最高レベルの実力を維持しているうえ、魅力的なキャラクターを持つが、大韓民国は彼を過小評価した。

朴泰桓は2012ロンドン五輪で惜しく金メダルを逃した。400メートル五輪2連覇と世界記録を狙うほどコンディションは良かったが、予選での誤審のためリズムが崩れた。彼は決勝で初めて孫楊に敗れた。
<アジア大会>「謝るな朴泰桓…申し訳ないのは私たち」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジア大会>「謝るな朴泰桓…申し訳ないのは私たち」(1)

    2014.09.22 08:34
    뉴스 메뉴 보기
    朴泰桓(183センチ、左)が仁川アジア競技大会自由形男子200メートルの表彰式の後、観客に手を振っている。1位は日本の萩野公介(175センチ、真ん中)、2位は中国の孫楊(198センチ)で、朴泰桓は3位だった。
    TOP